情報戦を制したい

Skyblue

Apple系 日記・ 検証記録

【検証】iPhone SE 2020 着弾!nano+eSIM は MVNO 構成プロファイルに注意せよ!

投稿日:

いよいよ iPhone SE 発売日ということで、午前中にヤマト運輸で配送されてきた。

事前レビューなども上がっており、また外観は iPhone7 や 8 とほぼ同等で特に驚くことはない。

(付属品なども特に変わらず、どことなく見慣れた風景だ)

 iPhone 7 と比較するとリンゴのマークが中央部分に来ており iPhone の刻印が無くなっているではないか。

かつて「総務省指定」まで刻印され物議を醸したのが懐かしい。

さて、今回はお目当ての Dual SIM (nano + eSIM )を検証して気づいた点があるので共有したい。



Rakuten UN-LIMIT は快適そのもの

まずは楽天モバイル eSIM を SE で読み込んでみよう。PC や他のスマホから eSIM QR コードを発行して iPhone デフォルトカメラで読み取る。

「モバイルプランが検出されました」と表示されたら VoLTE 音声をオンにして、APN およびインターネット共有欄に "rakuten.jp" と入力しよう。

すると VoLTE 通話、データ通信、テザリングともに正常に動作するはず。

ちなみに iPhone7 や 8 では楽天モバイル MNO は現状動作せず、4.7 インチ iPhone で動作するのは、SE 2020 が初となる。

さて、ここに追加で物理 SIM を入れてみよう。

現在は楽天モバイル MVNO を使っており「楽天+楽天だ!」と少し興奮していたのだが、ここで意外なことに気が付いた。

なんと MVNO 構成プロファイルをインストールしたら UN-LIMIT が圏外となった。

こうしたバグに陥った場合、いったんプロファイルを削除して楽天モバイル eSIM をオフにしよう。

SIM なしの状態から最初に MVNO SIM からセットアップする。

その上で楽天モバイル eSIM をオンにしたところ、docomo 4G と Rakuetn LTE をかんたんに切り替えることができた。

 



最後に

今回の iPhone SE は本当に安い。もし今手持ちのスマートフォンを 1 万円で下取りしてもらえれば差額 39,280 円で購入可能。

また MNP 契約ならば 22,000 円まで割引される可能性もあり、そうなると 2 万円台で入手できる。

キャリアでの販売は 5 月 11 日となるが、SE は色んな人がレビューや検証記事をアップするだろう。

色んなブログを参照しながら今後のスマホプランを立ててみよう。筆者はとりあえず楽天 MVNO を何とかせねばならない(汗)

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



-Apple系, 日記・, 検証記録

Copyright© Skyblue , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.