Huawei P40 シリーズ、標準ブラウザに「Google」検索エンジンがない現象について

ファーウェイの Mate Xs を 4 月に購入したらハマってしまい、Google がないにも関わらず P40 シリーズ最上位モデルの P40 Pro+ まで買ってしまった。

使い勝手はまたレビューしていくとして、今回はファーウェイ標準ブラウザの検索エンジンについて取り上げたい。

今まで「Google」を検索エンジンに指定できたのに、P40 Pro+ では指定できなくなっているのだ。



標準ブラウザだけは Google が使えていた

そもそもなぜ Google Chrome ではなくファーウェイ標準アプリを使っているのか。それは言うまでもなく GMS が利用できないからだ。

幸いにも Mate Xs は検索エンジンを Bing と Google から選択できて、使い勝手は Chrome と遜色なくて助かっていた。

ところが購入した P40 Pro+ には検索エンジンが Bing しかなく Google  がない。かといって追加することもできないのだ。

画像左が P40 Pro+ で「検索エンジン」設定項目に Bing しかない。いっぽう右側 Mate Xs は Google の指定ができる。

これは困った。個体差なのか、出荷国による違いなのか、色々調べたらファーウェイ公式の見解が発見できた。

 

P40 シリーズは一時的に Google が利用不可

まずファーウェイ標準 Web ブラウザの検索エンジンは、国や地域によって異なる場合があるとの記述があった。

(質問は EMUI 9.1 の P30 を想定しているが、現行シリーズにも言えるはず)

たとえば中国大陸版では現地の Google にあたる百度(バイドゥ)だったり、それ以外の国では Bing や Google が選択できるといった具合だろう。

そして P40 シリーズで Google が選べない問題に関する記述もあった。

consumer.huawei.com によれば P40 シリーズ全般で発生しており、原因はシステムオペレーションのアップデート作業によるとされている。

「Google 検索エンジンは一時的に利用できない」状態であり、二度と利用できないとは一言も書かれていない点は注目に値する。

つまり今後なにかしらのソフトウェア・アップデートで Google 検索が復活するかもしれないのだ。



Microsoft Edge で代替を・・・

というわけでファーウェイの標準ブラウザには、発売国や地域によって検索エンジンが異なるケースがある事をまず知っておこう。

そのうえで今まで Google と Bing が選択できていた国や地域の P40 シリーズは、システムアップデートが終われば Google 検索エンジンが復活するかもしれない。

ただしいつになるかわからないので、代替となるブラウザを探した方が良さそうだ。

筆者に関しては新しくなった Microsoft Edge に落ち着いた。意外にもサクサク動くし、もちろん検索エンジンを Google に指定できる。

それにしても検索エンジンまで Google が出て来なくなるのは想定外だった。

無理やりインストールした Chrome は何故かモッサリするので、自分にあったブラウザを探してみよう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す