au 新料金プラン、有名 IT ジャーナリストが消費者庁へ通報する事態に・・・

先日 au より発表された「au データ MAX プラン」に関して、激怒している人が Twitter 上に溢れている。

当ブログでも「正規料金は 8,980 円」と触れたばかりだが、有名 IT ジャーナリスト三上氏も疑問を抱く。

 

①「景品表示法」に問題ありか、通報される

三上氏といえば民法テレビへの出演も多く、業界の問題点をていねいに教えてくれる人物だ。そんな人が消費者庁への通報を公にするのは異例。

なんと「景品表示法」にふれるとして、自ら消費者庁に通報したとのこと。さらに公正取引委員会への連絡まで言及している。



②何度も行政処分を受ける大手キャリア

消費者が誤解を招く広告は、これまで何度も行政が立ち入ってきた。

例えば 2016 年にソフトバンクが行った「いい買い物の日」キャンペーン問題。

Apple Watch 第一世代が 11,111 円で購入できるとしながら、取扱い店舗への入荷が圧倒的に少ないことが問題視された。

のちに措置命令が下されるも、反省の色は全く見えない。

実際、「ウルトラギガモンスター+」 の割引適用条件は、 au と同じくらいに複雑で先に通報されてもおかしくなかった。

3,480 円で動画や SNS が使い放題と謳われるも、条件は以下の通り。

「端末の購入」、「光回線への加入」、「家族 4 人以上」が揃って初めて実現するもの。

何か揃わなかったり、2 年目になると跳ね上がる。何とも不親切すぎる解説でわかりにくい。

 

罰則の強化が必要か・・・

キャリアの誇大広告は、実質的な厳重注意におわる行政処分の甘さにも問題があるのではないだろうか。

行政処分を受けると、キャリアはプレスリリースで謝罪文を掲載し、テレビや新聞で報道される。ただ、それ以上には何も発展しない実情がある。

そろそろ罰則の強化が必要ではないだろうか。仮に au が行政処分を受けたとして、罰則なしには同様のことが繰り返されるだろう。

参照記事:ソフトバンクが「おとり広告」で措置命令 2016年の「いい買物の日」を巡って

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



au 新料金プラン、有名 IT ジャーナリストが消費者庁へ通報する事態に・・・」への1件のフィードバック

  1. ゴーンの次はソンだったりして

    12月に3060万回線もの通信障害を起こしながら、社長は「悪いのはエリクソン」と言い放ち、総務省は“厳重注意”のみ。
    (同様に障害が起きたLINEモバイルは、ソフトバンク回線でスピードが落ちたら「詫びギガ」を出すと公言してたのに、この時の障害はスルー)
    重大な事故を起こしてもこの程度だから、景品表示法違反による消費者庁の行政指導なんて、痛くも痒くも無いんでしょうね…。

    返信

コメントを残す