【朗報】エポスプラチナカードが年会費のポイント払いに対応。年間 100 万利用で年会費 0 円+プライオリティ・パスが持てる!!

かねてより神カードとして紹介してきたエポスカードだが、このたびプラチナカードの年会費がポイント払いに対応した。

通常の買い物で貯めたポイントやボーナスポイントを充当すれば年会費 20,000 円を 0 円にできる。



300 万円の利用で 2 年間実質タダ・・・

プラチナカードは年間決済金額におうじてボーナスポイントがもらえる仕組みになっていて、筆者は 2019 年分で 50,000 ポイント取得した。

例えばこのうち翌年の年会費に 20,000 ポイント、翌々年に 20,000 ポイント充てれば 2 年間は 1 円も決済せずに 0 円で持てることになる。

それはつまりエポスプラチナ特典として付帯するプライオリティ・パスをも実質 0 円で 2 年間持てるのだ。

ちなみにプライオリティ・パスは最上位の「プレステージ」であり、このカードの年会費だけで約 48,000 円(428 ドル)もする。

それも含めて実質 0 円となれば正直ヤバすぎるほどお得だろう。

一つ注意したいのはポイントの一部充当ができないこと。

年会費を実質 0 円にするには 20,000 ポイント貯めるか、年間 100 万円決済してボーナスポイント 20,000 円分を取得してペイすることになる。

 

コード決済にも強いエポスポイント

エポスポイントの使いみちは豊富で、他社ポイントに移行したりインターネット・ショッピングの請求に充当可能。

リアル店舗での利用分は充当できないものの、これには裏技があることを Twitter で教えて頂いた。

つまりエポスカードから電子マネーやコード決済規格にチャージして買い物をすれば、それらの請求はポイント払いできる。

電子マネー側の利用ポイントとエポスポイントの 2 重取りができて一石二鳥なのだ。



最後に

上述のとおりエポスポイントはネット・ショッピングの請求に充当できるほか、同社プリペイドカードにチャージして現金としての利用も可能。

VISA が使える場所なら何でも購入できるため、その汎用性は凄まじいものがある。

期間限定や通常といったポイント種別もなく永久不滅なので使い忘れて消失することもない。

いよいよ年会費までもがポイント払い可能になったことで、今後ますますお勧めしたい カードになった。

リンク:エポスプラチナカード

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【特価】iPhone7 32 GB SIMフリー未使用品、イオシスで 32,222 円(税込)の 3 連休特価へ!!

「けっこう安い」でお馴染み、スマートフォンの白ロムや中古 PC を扱うイオシスが、大阪なんば店を 22 日にリニューアルオープンする。

これに伴い全国の店舗で協賛セールが同日から実施され iPhone7 32GB が 3 日間限定で 32,222 円(税込)に値下げされる。



2 月 22 ~ 24 日の三連休限定

特価商品のチラシは同社の通販サイトから閲覧可能になっていて、イチオシ商品はほかにも沢山ある。

筆者の調査で iPhone7 の白ロムが未使用品で 33,000 円を切るのは初めて史上最安値と言えるだろう。

同社スタッフによると iPhone7 を含むセール商材はまず店頭で販売開始され、時間差で Web 通販にも反映されるという。

イオシスは秋葉原 4 店舗、名古屋 1 店舗、大阪 2 店舗、博多 1 店舗と全国で 9 店舗あり朝 11 時からオープンする。

店頭と通販サイトどちらもキャッシュレス 5% 還元に対応しており、人気商品は在庫の奪い合いになるかもしれない。

Web サイトからデジタルチラシの閲覧ができるので、興味ある人はチェックしてみよう。なにか掘り出し物があるかもしれない。

リンク:イオシス通販サイト

Twitter をフォローする!skkyblue_1985jp



ヨドバシカメラ、純正タイプカバー付属 Surface Pro7 が 98,780 円(税込)+ 10% 還元の超特価!【2月21日まで】

新生活応援セールの一環として、各量販店では Surface Pro7 と純正タイプカバーがセット販売されている。

ところが au Pay 10 億円キャンペーンにより、主要な店舗ではこうした特価商品がすっかり完売した。

そんななかヨドバシカメラで 10 万円を切る特価商品を発見。



Core i3 モデルが 98,780 円!

最小構成の Core i3 モデルが純正タイプカバーとセットで 98,780 円(税込)、台数限りの処分特価になっている。

スペックは CPU Intel Core i3/ SSD 128 GB/ メモリ 4GB 構成でエントリー向けで、いよいよ Surace を導入したい層にはピッタリだ。

しかもネット閲覧、動画視聴、プレゼン資料作成といった基本的な動作はメモリ 4 GB でもサクサクと行えるはず。

Microsoft Office Home & Business 2019 が付属しながらヨドバシポイントが 10% 還元されるため、実質価格は 90,000 円以下という破格。

(付属するタイプカバーはブラックとされている)

同社の通販サイト、ヨドバシ・ドット・コムでも併売されているので、気になる人は店頭か Web をチェックしてみよう。

繰り返すが 2 月 21 日までとなっており、それ以降に関しては価格変更があるかもしれないので注意したい。

2/21 8:28 分追記

頂いた情報によれば、同型番はビックカメラ、ヤマダ電機共通のキャンペーンであることが発覚。

ビックでは既に完売だがヤマダではネット在庫がまだ存在しており、リアル店舗で入手できるかもしれないとのこと。

改悪されてしまったが au Pay を使えば 2/24 日の 20% 還元日に 6,000 ポイント還元される。何かしら参考になれば幸いだ。

リンク先:ヨドバシ・ドット・コム

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【速報】ドトールコーヒーが NFC 決済導入へ。世界標準のキャッシュレスが本格化

先日、全国のセブンイレブンで NFC 決済が導入されると報道された。

クレジットカードを店員さんに手渡したりサインすることなく、Suica をかざす感覚で利用できる。

(画像は韓国のスターバックス。波マークのあるカードをかざして決済)

海外では一般的に普及していながら Felica 文化の根強い日本では全く普及していなかった。

ところが東京オリンピックを控えた 2020 年、一気に普及しそうである。



一部ドトールカフェで利用開始

秋葉原のエクセルシオールカフェ(中央通沿)は、タッチ決済対応のクレジットカードが今日から使えるようになった。

(赤丸で囲ったマークのある VISA、Master、JCB、AMEX など各カード会社に対応)

クレジットカードの他、VISA デビットを取り込んだ Google Pay での支払いも可能になることから、

お財布ケータイ非対応の Android スマートフォンでもキャッシュレスがより身近になるはずだ。

同店スタッフによればドトールコーヒー系列で準備中であり 3 月から順次開始されるという。

 

QR コードより使いやすい

NFC 決済はコード決済よりも優れている点がおおい。

インバウンド対策になるのは言うまでもなく、スマートフォンを持たない高齢者など誰でも気軽に持てる。

スマホのロック解除→アプリ起動→支払い画面に進む」といった手間がなく、ネットに繋がらなくて支払いエラーもない。

何より数百円の物をカードで買う違和感(申し訳なさ)」が払しょくされるだろう。



最後に

NFC 決済は 2020 年に一気にくると何度も当ブログで述べてきたが、ようやく実現しつつある。

使える場所はまだローソン、マクドナルドなど少ないものの参加予定企業はドトールコーヒーやセブンイレブン含めて大手ばかりだ。

街中で気軽に使えるようになれば Felica に匹敵するほどの存在感になるか、それを凌ぐほどの潜在力を秘めている。

東京オリンピックが始まる 7 月までに、どれだけの企業が導入するかとても楽しみになってきた。

出典:セブンイレブン、クレジットカードのタッチ決済を6月より開始

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【悲報】au Pay 10 億円キャンペーン、ルール改悪で 1 日の還元上限が 6,000 円に制限実施・・・

ビックカメラなどに人が相次いで棚が倒れるほど人気の au Pay は、次の月曜日で 3 回目をむかえる。

次こそは欲しい物を買おうとか、3 月 2 日に Galaxy Z Flip を買おうと計画していた人もいるだろう。

ところが突如、大悲報が流れてきた。

 

20% 対象上限が 1 日 30,000 円に

このキャンペーン、1 ID につき 15 万円を上限に最大で 3 万円分戻ってくるのが大きな特徴であった。

ところが本日、突如として 1 日あたりの還元ポイントが 6,000 円分に制限されるとの情報が入ってきた。

つまり 3 万円以上の買い物ではポイント還元率が 0.5 % にまで落ちてしまいキャンペーンの旨味を享受できなくなる。

これはないだろう。このキャンペーンが続くのを知っていて、あえて来週に買い物を控えていた人にとり不公平だ。

さらに 3 月 2 日には同社から Galaxy Z Flip が発売されるため、これを購入するためにも利用を計画していた人がいるはず。

(Galaxy Fold に 35 万円チャージした筆者は全てカード枠なので取り消しがきかない)

もっと言えば、クレジットカードで事前にチャージしていた人が、利用取り消しをできずに困ることになる。

現に筆者は 1 月からチャージを続けていて 35 万円を使わぬまま。

現金でチャージした人は「じぶん銀行」に払い出しできるものの 10 万円あたりの手数料は 1,100 円と高額である。

そしてクレジットカードでチャージした人は現金化になってしまうので払い戻しができないのだ。

大きな買い物をしようとした人は計画の練り直しを迫られる。

せっかく au Online Shop で一括払いができるようになっただけに、どこかユーザー目線にかけてとても残念である。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



月間 900 GB でお馴染み iVideo ソフトバンク SIM、月額 2,200 円に値下がりへ(条件あり)

昨年から話題となっているソフトバンク系 レンタル SIM の一つ iVideo 社が値下げに踏み切った。

最初は 2,800 円から始まって、13ヶ月目から 2,200 円に値下がるというもの。

筆者のプランは 3,300 円のため一度レンタルをやめて再び借りるか迷っているのだが腑に落ちない点もある。



900 GB の文言が消えた・・・(笑

以前は高らかと 900 GB を謳っていた同社だが、新プランではその表記が消えて「超大容量」の文言に変わっている。

(昨年 11 月上旬の画像。 900 GB と明記された頃)

推測になるが 900 GB の維持が何らかの事情で難しくなったか、さすがに容量が大きすぎたと判断したのだろう。

月額 3,300 円から一気に 500 ~ 900 円下げたことを察するに、使える容量も大きく下がっているはず。

というのも以前は 1 〜 2 年の利用を条件に月額 3,000 円まで値下げする施策が用意されていたのだが、これが跡形もなく消えた点に注目したい。

(以前は違約金ありで 3,000 円になるプランがあった)

利益を出すには 3,000 円が限界とも受け取れる。それを大きく下回る新料金では使える容量は下がっているはずだ。

神 SIM や FUJI Wi-Fi などソフトバンク系の他社 SIM が 100 GB 〜 を大容量としている点を鑑みると

iVideo 社もそれに追随した可能性は大いに考えられる。

 

それでも激安レベル・・・

となると今回は「値下げ」というより「プラン変更」されたといった方が正しいようだ。

そして新しいプランが仮に 100 GB だったとしてもまだまだお得すぎる。

2,800 円スタートではあるが 1 年後には 2,200 円は FUJI Wi-Fi (月額 2,480 円)、神 SIM (2,990 円)と比べてダントツ。

むろん 100 GB というのは筆者の憶測であり、それ以上使えるのであれば今まで通りの破格と言えるだろう。

(ソフトバンク回線なので同社のスマートフォンはとても捗る)

なんだかハッキリしない業態ではあるがキャリアや MVNO を脅かす台風の目になっていることは間違いない。

とくに単身世帯には強い味方で、iPhone でテザリングができないことを除けば何もいうことない。

何より気に入らなければ返却して終わりなので、気になる人は試しに使ってみるといいだろう。

リンク:iVideo 

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



Galaxy S20 シリーズ、海外版でも日本の 5G 周波数に対応しているの!?

サムスンの折りたたみスマートフォン第 2 段 Galaxy Z Flip が盛り上がっていて、実際も Galaxy Harajuku へ展示会を見てきた。

28 日の発売 10 日前ということで、スタッフも顧客の関心も高まっている。

しかし Z Flip 後にまだ Galaxy S 20 シリーズの発売というイベントが控えている。

それも今年は世界で広く 5G モデルがリリースされる歴史の転換点なのだ。



今年の海外版は 5G 使えない恐れ

Galaxy S シリーズといえば、国内版のリリースを待っていられない人、シャッター音やキャリアの余計なアプリを嫌う人が海外モデルを輸入するのが伝統的だ。

しかも多くの場合、海外版は Dual SIM 搭載であり国内版より好まれることすらある。

(2013 年から毎年 4 G モデルを購入してきた)

しかし今年の 5G 搭載モデルに至っては国や地域ごとに対応周波数やアンテナが異なっていて、調べたところ日本の 5G (sub-6 n78)と互換性をもつモデルがほぼ皆無だった

現時点で唯一確認できているのは韓国版で、ドコモとKDDI が用いる 3.5 GHz Sub-6 n78 がなんとか合致している。

つまり Galaxy S20 シリーズの出来栄えだけでなく日本の 5G も海外版で楽しみたいという人は、5G ネットワークが使えないかもしれない。

このことは覚えておこう。まだ全ての型番を正確に把握しているわけではえないが、おおむね間違いない。

 

かといって日本版買う!?

では日本モデルを購入するかと言われれば、筆者は No である。いくら 5G ネットワークがチューニングされたとしても、

eSIM や他社向けバンドが排除され、ドコモなどの余計なアプリ満載の独自 ROM が続くならば買いたくない人もいるだろう。

そうした人のなかで、もし「5G ネットワークはまだいいよ」という人は好きな国のモデルを購入すればいいと思う。

幸いにもどの国のモデルも 4G に関しては例年どおり日本キャリアの周波数をほぼ搭載している。



最後に・・・

もしどうしても海外版 Galaxy S20 シリーズで 5G を使いたい人は、現時点では韓国モデルを選ぶ( Sub-6 n78 )しかない。

そしてこの n78 は世界で標準的に使われる予定の周波数であり、決して日韓だけで使われるようなマイナー 5G でないことも併せて覚えておきたい。

もちろん周波数が被っているから使える保証はないし、技適が確認できない限り保証はできないので注意すべきことは例年より多くなる。

発売価格もふくめ、各国の S20 シリーズ情報がでてきたら 5G ネットワークについてもう少し踏み込んでいきたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【速報】au Online Shop 「一括払い」を追加。48 回払いに大きな批判を受けて・・・

いまや店頭に行かずオンラインでスマートフォンが購入できる時代。

大手 3 キャリアだけでなく MVNO も自社のオンラインサイトで端末を販売しているのだが、そのなかで 1 社だけ変わった会社があった。

タイトルの通り au だ。同社は数年前から 48 分割を組まないと端末が購入できない仕組みになっており、これに対して批判が相次いでいた。

新製品が出るたびに様々なツイートが au Online Shop アカウントに寄せられ、改善を余儀なくされたのだろう。



Galaxy Z Flip を機に一括払い再開

本件に関しては au Online Shop の Twitter から発表され、本日 Galaxy Z Flip の予約とともに再開される。

システムメンテナンスで停止していたと書かれているが、そうした説明は顧客に対して一切なされてこなかったし、

100 歩譲ってシステム改築だったとしても何年かかった?という話である。

とはいえ晴れて一括払いができるようになった!これで Galaxy Z Flip をネットからでも安心して購入できる。

発売は 2 月 28 日、さぁ、どうする!??

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【悲報】日本版 Galaxy Z Flip SCV47、 eSIM 非対応であることが発覚・・・

日本版 Galaxy Z Flip は au から独占販売されることが決まっており、価格は税込 179,360 円と発表された。

発売は 2 月 28 日で早速 Galaxy Harajuku にて実機も公開されているのだが、特徴の一つである eSIM が非対応であるとの情報が入った。

 

(寄せて頂いた情報に感謝したい)



Galaxy Fold につづき 2 回目・・・

Galaxy Z Flip は韓国 5G モデル(シングル SIM)を除いて 4G モデルであり、基本的には物理 SIM のほかに eSIM を搭載している。

Galaxy Fold SCV44では「SIM ロック解除すると Dual SIM 設定が出現する」と噂されていたが、実際にそうはならなかった。

(eSIM 搭載のシンガポール版 Galaxy Fold)

今回もまた au の判断で削除されたのだろう。

 

たかが eSIM、されど eSIM

恐らく「いやいや eSIM ないくらいで騒ぎすぎだ」と思われるだろう。

たしかに eSIM はサービスを開始している事業者が少なくて、メリットを実感している人が少ないのは事実だろう。

しかし iPhone や Pixel への搭載は標準となりつつあり、グローバルでのトレンドは始まっているのだ。

何よりeSIM はキャリアと MVNO の 2 契約を同時に持つことができるため、スマホ全体の維持費を下げることに貢献する。

塞がれるとそうしたことができないどころか、海外旅行などで現地の eSIM を使うなんてことができない。

ちなみに Galaxy Z Flip 以外にも S20 シリーズにも eSIM は標準化されていて、国内キャリアもその存在を隠せなくなってくるはずだ。

シングル SIM 5G でもなく、4G Dual SIM でもない、シャッター音付きシングル SIM の au 独自 ROM なんて特殊すぎて言葉がでない。

ネットワーク周波数は公開されていないようだが、まさかまた他キャリアに不利なネットワークになっているとは思いたくない・・・

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



ドコモの dポイントカードが Apple Pay 対応か。2 月18 日よりローソンで dポイント 7 倍キャンペーン・・・

街中の飲食店やカフェ、コンビニなど幅広い場所で使えるようになった d ポイントカードに、突如として Apple Pay の Wallet に追加できる可能性が浮上した。

2 月 18 日よりローソンで始まるキャンペーンの告知がある店舗に掲げられ Twitter で話題になっている。



物理カードが不要に!?

キャンペーン内容は Apple Pay や Apple Watch に追加した dポイントカードで決済すると dポイント 7 倍還元というもの。

これまでのようにレジでバーコードをかざすことなく、iD や Suica のようにかざして d ポイント決済ができるようだ。

いっけんすると Apple Pay に追加された dカードや dカードプリペイドを指すのかと思ったが、どうもそうではない。

また Android に関して同様のキャンペーンがあるのかも現段階ではわかっていない。

掲示物が偽物であることも考えにくいことから、週明け 17, 18 日に具体的な発表がありそうだ。

追記:17 日に正式発表された。詳細はこちらから。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp