OPPO」カテゴリーアーカイブ

Dual SIM + Felica 搭載 OPPO Reno A、goo SIM Seller が最安 10,500 円(税別)で販売か!?

中国メーカーのOPPO が停滞する日本のスマホ市場を大きく盛り上げようとしている。

Dual SIM + Felica 搭載の良スペックスマホ OPPO Reno A が楽天モバイルだけでなく MVNO 向けにも僅か 35,800 円(税別)で投入されると 8 日に発表された。



音声契約で 20,000 円の破格

MVNO 事業者でも OCN モバイル ONE を扱う goo SIM seller は音声回線とのセット購入を条件に 27,000 円(税抜)まで値下げ。

さらに発売記念として暫く 20,000 円(税抜)で提供するという。

受付期間は 10 月 16 日 11:00 ~ 11 月 5 日 11:00 までと余裕があるので、多くの人が破格でゲットできるはずだ。

しかしこれだけでは終わらない。キャンペーン詳細をよく読むと僅か 10,500 円(税抜)で買えそうな記述がある。

 

オプション加入と MNP でタダ同然に??

以下の画像をご覧いただきたい。

「その他の割引」に 2 つのオプションが用意されている。

・OCNでんわかけ放題オプション&マイセキュア同時加入

・あんしんモバイルパック同時加入

契約時にこの 2 つに加入すれば更に 4,500 円が本体価格から割引される。気になるのは更にその下だ。

 

MNP による他社からの転出で契約すると 5,000 円割引されるのだが、上記のオプション加入割引と併用できるとされている。

つまり販売記念価格 20,000 円 – 4,500 円(オプション割引)- 5,000 円(MNP割引)= 10,500 円が最安本体価格となるはずだ。

 

SONY をも軽々と抜いてくる可能性

7 日に Y!mobile からソニーモバイルの Xperia8 が発表された。また楽天モバイルからも Xperia Ace の発売が予定されていて、SONY の攻勢がうかがえる。

ただし相変わらず価格は 50,000 円前後で、コスパや Dual SIM などの実用性において OPPO に対抗できないだろう。

キャリアへの忖度や自社ブランドの誇示は、SONY にとってマイナスでしかないのにやめられない。

もはや OPPO は SONY のそうした体質を十分に理解し、ファーウェイなき今をチャンスと捉えているはずだ。誰もやってない分野を狙って認知拡大を図っている。

偶然にも名前が一致している指原莉乃さんを起用した OPPO はファーウェイなきいま台風の目になるかもしれない。

Twitter をフォローする!skykblue_1985jp



楽天モバイルの OPPO Reno A 本体価格が判明。Dual SIM + Felica で 35,278 円(税抜)の超コスパ!!

楽天モバイルが 10 月 1 日に発売する OPPO Reno A の本体価格が明らかになった。

税抜 35,278 円という低価格で既に同社 Web サイトでは予約が始まっている。また楽天市場店では本体のみ購入できる。

OPPO といえば 2018 年に日本に参入して勢いづいてきたが、その中でも同機種が特別なのは「ガラパゴス」と揶揄された日本向けにカスタマイズされているからだ。

今回はReno シリーズそして Reno A の何が凄いのか改めて整理したい。



OPPO Reno とは・・・

洗練されたカメラを謳う OPPO Reno は世界で大ヒットした OPPO 製品群の名前で、日本には最上位モデルの Reno 10x Zoom が投入されている。

( 中国深センにて撮影。5 月に訪問した際はまだ実機しか見られなかった)

デジタルズーム 60 倍を誇るバケモノ性能は P30 Pro のライバルとも言われファーウェイがグーグルと取引できなくなった際には大きく注目された。

(香港では Reno Z なる廉価版がリリースされるなど種類は多い)

そして楽天モバイルがリリースする Reno A は低価格ながら Dual SIM (DSDV)・防水・防塵にも対応。

(Snapdragon 710, ROM 128GB, RAM 6 GB 搭載の文句なしの高性能だ)

ここまでなら「ふーん」で話は終わるのだが強調したいのは「おサイフケータイ」が搭載されていること。

つまり「せっかく Dual SIM で 1 台持ちになったのに Felica のために別の携帯電話を持つのはいやだ」という人が待ちにまった待望のモデルなのだ。



本体単体でも入手可能

上述のように予約は始まっていて MNP・新規契約と機種変更は楽天モバイル Web サイトから申込みが可能だ。

(大型 6.4 インチはFull HD+ の有機EL を採用。169.5g とかなり軽量)

大手キャリアとしてのサービス本格化は来春にズレ込んだものの端末選びは顧客のニーズをしっかり掴んでいる。

また誰でも本体のみ購入できる「通信と端末の分離」に沿った販売方法は MVNO 時代に培ったノウハウの賜物だろう。

その第 1 弾となる Reno A は最初から顧客を驚かす格好の端末であるはずだ。

リンク:楽天モバイル

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



楽天の発表した OPPO Reno A は Dual SIM + Felica のキラー端末だった・・・

昨日、楽天から OPPO Reno A が発表された。一見すると「ふーん、OPPO Reno 10x Zoom に廉価版があったのか。ふーん」くらいに終わるだろう。

じっさい海外輸入版であれば、驚くべきことはあまりない。

ただし国内向けにチューニングされると話はべつだ。この端末、2019 年後半のキラー端末になるかもしれない。



待望の Dual SIM + Felica 第 2 弾

OPPO Reno A は Snapdragon 710, ROM 128 GB, RAM 6 GB 搭載のミドル級端末で、顔認証と画面内指紋認証を備える。

6.4 インチながら 169g まで軽量化され 1 台で 4 キャリアのネットワークを網羅する。

日本における売りとしては DSDV (4G + 4G) であること、そして Felica を搭載していることだ。

「SIM 2 枚にお財布ケータイ」という組み合わせは需要があるにも関わらず過去に 1 機種しか存在していない。

同じく OPPO が昨年にリリースした R15 Pro で、人気すぎる故に中古品すら出回っていないほどだ。



値段次第では爆発的ヒットの予感

取り扱いキャリアは 10 月から新規参入する楽天で、約 1 ヶ月後に発売される予定。

ただし SIM フリー端末としても同時発売されることから、気軽に購入できそうだ。

(ブラックとブルーの 2 色展開で、ブルーは少し緑にもみえる)

そして気になるのは価格だろう。端末価格というのはチップセットに左右されるのだが Snapdragon 710 は確か去年のもの。

ゲームには向かないが日常的な使い方では申し分ないほどに高速で動く。

しかもミドルスペックであることから、理想を言えば 5 万円は切ってほしいところだ。

実際 OPPO 日本法人は Twitter で本体価格を当てた人(最も近い価格を当てた人)に OPPO Reno A をプレゼントする企画を立てており価格に自信を示す。

正解が高すぎて炎上するようならば、こうしたキャンペーンはやらないだろう。

10 万円クラスでも売り切れる Dual SIM + Felica が半額近くにまで落ち着いたらどうなってしまうのか。

まずは価格の発表を楽しみに待とう。そしてお財布と Dual SIM を 2 台に分けている人は 1 台に収める絶好のチャンスが来たと言える。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



カメラ飛び出す OPPO FIND X、アキバでほぼ半額 64,800 円を観測

昨年、筆者がいままで触ったスマートフォンで最もカッコいいと感じた端末が OPPO FIND X だった。

日本国内でリリースされるも価格は12 万円オーバー。欲しいのに手がでないという人で溢れかえった。

そんな FIND X が今日久しぶりに秋葉原で特価になっていた。未使用品が 64,800 円(税込)とかなり安い。



量販店価格のほぼ半額に

OPPO FINDX はリア・フロントカメラが飛びだす顔認証を用いて完全ベゼルレス化を遂げた高スペック端末。

6.4 インチの有機 EL ディスプレイがとても美しく、エッジ部分にはフィルムが貼られておりとても扱いやすい。

Snapdragon 845, ROM 256 GB, RAM 8GB と申し分ないうえ、国内モデルでは au 系 SIM もバッチリ動作する。

 Felica や防水はないものの、飛び出すカメラの瞬発力や耐久性そして認証制度は信じられない程に進化している。

OS UI にクセがあると言われた OPPO だが、その課題も Color OS 5.1 でクリアされ、自然な Android に近い。

また中国版と違って Launcher アプリなど自由な設定ができることも強調しておきたい。

(ヨドバシでは発売から現在まで 12 万円を切らない強気価格だ)

デザイン、スペック、そしてカメラのギミック。あまり持っている人がないことと、近未来的なデザインに惹かれる人にはお勧めしたい一台だ。

台数は現時点で 3 台のみの早いもの勝ち。通販サイトでも購入できるため、気になる人はチェックしてみよう。

リンク先:じゃんぱら通販サイト

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



OPPO Reno 10x Zoom 国内版、アキバで 89,800 円(税込)で入荷した模様

中古 PC・ケータイ白ロムでおなじみの「イオシス」に OPPO Reno 10x Zoom 未使用品が入荷したようだ。

同社公式ツイッターによると確かに「国内版」と書かれている。

ちなみに国内公式価格 107,700 円(税込)にたいし 89,800 円(税込)で案内されている。

グローバル価格が 78,000 ~ 84,000 円なのでだいぶ買いやすく感じないだろうか。

海外版との違いは VoLTE 通話や au 系 MVNO のネットワークが利用できることだ。

今回の入荷は 2 台だけとのことだが、出たばかりの未使用品にしてはとても安くこれからも注目して相場をみていきたい。

筆者も 5 月から使っているが光学とデジタルのハイブリッド 10 倍ズームが重宝しており「ディスプレイ指紋認証」が速いのも相まって使いやすい。

現時点ではファーウェイ P30 Pro が未発売であることも考えればカメラ機能重視の人はこれ一択だろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



思ったよりかなり高い・・・国内版 OPPO Reno 10x Zoom が正式リリース。7 月 12 日発売で価格は 107,784 円(税込)

OPPO Japan は Reno 10x Zoom モデルを日本むけにリリースした。7 月 3 日より予約受付が開始され、発売は 12 日。

ヨドバシカメラなどの家電量販店や IIJ など MVNO からリリースされる予定だ。



思ったよりも価格が高い・・・

OPPO Reno10x Zoom は光学とデジタルを合わせた 10 倍ズーム、デジタル 60 倍ズームができる Reno シリーズの上位機種。

画面占有率 93.1 % という 6.65 インチの画面は驚くほどに美しい。Snapdragon 855 搭載で ROM 256GB, RAM 8GB ゲームにもピッタリのスペック。

世界でも発売され始めたばかりで、日本も発売国に含まれるのは嬉しい限り。

(レビュー記事はこちらから

しかしながら価格が 99,880 円(税込 107,870 円)なのが些か残念だ。

 

グローバル価格が約 87,000 円であること、さらにライバル機種のファーウェイ P30 Pro よりも安いことが同機種の売りだからだ。

むろん VoLTE やau など日本キャリアに調整されているが Felica など日本むけ機能があるわけでもない。

待っていたという方は、果たして納得できる価格だっただろうか。個人的には海外版で十分だと考えている。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



画面内にインカメラ搭載の新技術、 OPPO 上海 MWC で 6 月 26 日に発表か

ノッチを隠すための秘策として Xiaomi や OPPO がインカメラを画面内部に設置する試みをつづけている。

GSM Arena によれば上海で開催される アジア MWC にて明らかになる模様。

日時は 6 月 26 日 現地時間午後 2 時で、場所は OPPO ブースと案内されている。



ベゼルレスのインカメラ問題に終止符か

ベゼルレスの先駆けとなった SHARP  305 SH や Xiaomi Mi Mix は画面右下にインカメラが位置していたのだが、正面からの自撮りに向いていなかった。

(右下に目をむけないとカメラ目線にならず、変な自撮りになってしまう)

この問題に「ノッチ」で挑んだアップルが「ダサい」と批判されたのは言うまでもないだろう。

現在は VIVO や OPPO のポップアップ式カメラが話題だが、カメラの飛び出す部分をケースで覆うことができない。

このように「ベゼルレス」ディスプレイは画面の大きさと美しさの代償としてインカメラ問題を抱えてきた。

もしも OPPO や Xiaomi の開発する画面内部のカメラが問題なく動作するのであれば長らくユーザーとメーカーが苦しんだ問題はあっさりと解決されるかもしれない。

出典:Oppo to demo its under-display camera smartphone on June 26

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【朗報】OPPO Reno 10x Zoom で「月」の撮影に成功。ファーウェイ P30 Pro との違い

先週に OPPO Reno 10x Zoom を使って「月」を撮影する実験をしたところ、「ズームはできるがキレイに撮れない」という結論に至った。

どうあがいても表面の模様が捉えられず、「やっぱり P30 Pro には及ばないか」と諦めていたところ筆者の Twitter にリプライが寄せられた。

添付された動画をみると確かに月面を撮影しているシーンがあるではないか。

そんなまさかと思ったが、とにかく再度の検証を試みた。



①条件が良ければ撮影できた

そもそも先週の実験では霧がかかっていたような気がする。今日は満月とはいわないものの空は晴れており撮影条件としては絶好のチャンス。

ズームを 30 倍に近づけると、月の表面が見えてきた。

月の光がとても強く三脚なしでの撮影は苦労する。もう一枚みてみよう。

P30 Pro と異なり月を撮影する瞬間の「手ブレ補正」や月に特化した AI がない。

よって頑張って撮影できたのは上の 2 枚だけで、やはり撮影の難易度は P30 Pro の方が圧倒的に低い。

ちなみに以下の画像が P30 Pro で撮影したもの。よりクッキリとしているのがわかるだろうか。



最後に

それでも OPPO Reno で月が撮影できたのはワクワクする感じが得られたし、今後のソフトウェアアップデートで何かが改善されるかもしれない。

ファーウェイ P30 Pro の日本発売が不透明になったいま、ライバル機種の OPPO Reno が注目を集めている。

日本でも SIM フリーモデルとして 7 月にアナウンスされる見通しで、スマホカメラを盛り上げること間違いないだろう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



OPPO Reno 10x Zoom が Clove で販売開始。約 87,000 円でグローバル ROM が入手可能へ

5 月 10 に中国版がリリースされるも、グローバル ROM を搭載したモデルはいまだに多くの国で発売開始されていない。

そんななか英国の海外通販サイト Clove でついにグローバル ROM 搭載モデルの販売が始まった。



① 待望の Dual SIM モデルが約 87,000 円

Clove ではシングル SIM の扱いが多いのだが、今回は明確に Dual SIM と明記されている。価格は日本円で約 87,000 円でマレーシア価格とほぼ同じ。

(カラーは 2 色展開で Jet Black と Ocean Green )

スペックは Snapdragon 855, ROM 256 GB, RAM 8GB を搭載した上位モデル。

光学とデジタルを合わせた 10 倍ズーム、最大 60 倍のズームを誇るカメラモンスターでファーウェイ P30 Pro のライバル機種とされている。

グローバルモデルのため、ランチャーが変更できなかったり中国アプリによる制限などは一切ないはずだ。

日本でも発売が予定さているが、時期まではハッキリしていない。もう待てない人は購入に踏み切ってもいいだろう。

リンク:Clove OPPO Reno 10x Zoom 販売ページ

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



OPPO Reno 10x Zoom は 「月」を撮影できるのか。検証してみた結果・・・

今年登場したスマートフォンの機能で、トップクラスなのが P30 Pro の「月」を撮影できる 50 倍ズームだろう。

発表会をリアルタイムで観ていた筆者は自ら P30 Pro で撮影するまで信じることができなかった。

(4 月上旬の満月に近い日に P30 Pro で撮影した月)

そして先日ふと思いついた。「60 倍ズームを誇る OPPO Reno 10x Zoom 」でも撮れないのだろうかと。さっそく実践する。

( 60 倍ズームなら簡単に撮れる気がするが・・・)



① OPPO Reno 10x Zoom ではキレイな撮影はできない

結論から書くと「月に近づくことはできるが、ノイズが多くてボヤける」ことになる。少し霞んだ月だったが実際に撮影してみた。

マレーシアの首都、クアラルンプール KLCC 周辺にて。まずは遠くの月を捉える。

拡大していくと 20 ~ 27 倍くらいで近くなってくるのだが、かなりノイズでボヤけるのがわかるだろうか。

あと 2 回撮影してみよう。

ームとしては申し分ないが、やはりクレーターまでは撮れない。もう一枚だけ。

というわけで、OPPO Reno 10x Zoom では月のクレーターまで撮影できなかった。それどころかノイズが目立つ。



圧倒的に P30 Pro に軍配があがるのだが、ここで冒頭の画像をもう一度見てみよう。

この差である。ここまで違うと以前にも触れた「月の画像はAIが用意している疑惑」が正しかったり・・・なんて事が頭をよぎる人もいるだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp