OPPO」カテゴリーアーカイブ

バッテリーの持ちはどのくらい!?ランチャー変更の可否は!?OPPO R15 Neoをレビュー!!

クセのある中国系スマホの中でも、Launcherすら自由に変更できなかったOPPO FIND X。「日本で展開するなら、この辺りは修正して欲しいな」と思っていた。今回は、バッテリー持ちとランチャー変更の可否について書きたい。

(関連記事:日本上陸後、2作目となるOPPO R15 Neoをレビュー!!【購入に至った理由編】



①バッテリー持ちは良好、2日使って62%残ってる!

R15 Neoは実家の母が利用しているため、バッテリーに関して答えてもらいながら記事を書いている。基本的にインターネットでの調べ物、Email、LINE、Youtube視聴くらいしか利用しないようだ。

(バッテリー消費具合を見せてもらったところ、確かにLINE、メール、Youtube、Chromeが消費している。システム系アプリを抑えればもう少し長持ちするかもしれない)

 

朝8時に100%の状態が、午後22時には86%程度残っているという。更にもう1日利用して寝ると3日目の朝62%残っているとのこと。4,230mAhのバッテリーと省電力チップセット、Snapdragon450のおかげだろうか。

 

不安なため100%まで再充電するそうだが、この調子なら充電せずとも丸3日はいけるだろう。これだけ持てばスマホとしては優秀な部類に入るはずだ。

 

②Nova Launcherをデフォルト設定できる!

独特すぎるUIで、ランチャー変更すらできない事が話題になったFIND X。Color OS日本版ではどうにかして欲しいと気になっていたのだが、R15 Neoでは好きなランチャーをデフォルト設定できる事を確認。

「Androidなのだから、好きなランチャーを使いたい」という当たり前の事が中国版ではできなかったのだ。比較的サクサクと動いてくれるので、あとは満足するまでLauncherを設定すればいい。



最後に

その他、色々と試したい事があるのだが借りられる時間が短いため今回はここまでとなる。やはり低価格であるためWi-Fi 5GHzが利用できないなど、細かい点には目を瞑るべきかと思われるが、コスパが高いことに変わりはない。そして何より、iPhoneXにソックリなので、みんなこれを買えば幸せになれるのではないかとすら思った。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



オタクの私が見た!!MVNO初心者が自力でスマホを乗り越える壁①~SIMと機種の選定編~)

母のスマホ(moto G4 Plus)が壊れかけたので、データ移行ができるうちにOPPO R15 Neoを購入した記事を書いた。データ移行などは全て私が代理で行ったのだが、「これは初心者には難しい。母には無理だろうな」と思った事がいくつもあった。

 

何度かに分けて書こうと思うのだが、「へぇ、そんなこともあるのか」程度に読んで頂ければ幸いだ。

(関連記事:日本上陸後、2作目となるOPPO R15 Neoをレビュー!!【購入に至った理由編】



①SIMの種類とサイズの確認は大丈夫か!?

SIMカードには標準、micro、nanoと3種類の大きさが存在しており、現在はnano SIMという最も小さなカードが主流。しかし中にはmicro SIMを利用している人も多い。母もその一人で、moto G4 PlusにLINEモバイルのmicro SIMを挿していた。

しかしR15 Neoはnano SIMの2枚挿しとなっており、今まで利用していたmicro SIMは物理的に入らない。機種を選定した父もさすがに想定外だったようだ。

(余談だがmoto g4 PlusにはSIMアダプターが付属しており、筆者はこれを使ってnano SIMをmicroに拡大しているのだと思い込んでいた。オタクの常識は初心者の非常識、あたり前だが。)

予めnanoサイズに変更しておけばすぐ利用できたのだが、今から発注して数日かかることになる。

 

②MVNO利用者に多い、間違ったSIM契約とスマホ選び

実は、SIMカードを選び間違えたり、本体を買ってからSIMが対応していない事に気づく人は非常に多い。それもそのはず、キャリアショップの案内や手助けが全くないのがMVNO。家賃や人件費がないため安いのだ。

(4年前の画像。まだmicro SIMが多く標準SIMアダプターもよく使ったものだ)

今回はサイズさえ変更すれば使えるが、安易にau系MVNOのSIMだけを契約して「あれ、このスマホSIMフリーなのにau SIM使えないの!?」と気づくパターンは更に多い。



最後に

ということで、まだデータ移行の前段階、「SIMの入れ替え」という作業時点から壁に当たった。ある程度、この分野に詳しい父ですら意識していなかったらしい。

 

オタクの筆者から見たらごく自然の事なのだが、初心者の方が自力でMVNOを利用するのはなかなか難しい。それ相応に調べたり勉強したり、手間暇がかかってくる。そして次回から、新たなる壁にぶち当たることになる・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



日本上陸後、2作目となるOPPO R15 Neoをレビュー!!【購入に至った理由編】

実家の母が愛用しているmoto G4 Plusの調子が急に悪くなり、「完全に壊れる前に新しいスマホが欲しい」という連絡を受けた。ゲームや重い作業は一切せず、インターネットやSNSができて、Youtubeが観られる5.5inch以上という条件。

(左がR15 Neo、右がiPhone8 Plus。大きさ自体はあまり変わらない)

(ディスプレイは6.2inch。解像度がFull HD以下なので写真は若干荒く見える)

 

それなら、低価格なHuaweiあたりを案内しようかと思いきや、「SIMが2枚入って、更にmicroSDが入る今と同じ仕様がいい」という条件が追加され、候補に急浮上してきたのが最近リリースされたOPPO R15 Neoだった。



①メモリ3GBと4GBが存在、どちらも2万円台という破格

まず驚くのが価格だろう。メモリ3GB版 25,580円、4GB版 27,950円(税抜き)と2種類用意されており、非常に買いやすい価格。しかも内部ストレージは64GB、バッテリーは驚異の4,230mAh。

(念の為4GB版を購入。Huawei nova2もそうだが、最近の中国スマホのコスパは抜群すぎる)

 

これがどれ程すごいかと言えば、バッテリーに強いZenfone4 MAXの4,100mAhを超凌駕している。更にチップセットは省電力向けSnapdragon 450という最新を搭載しており、素晴らしいバッテリー持続時間が期待できる。

 

②デザインに妥協なし、顔認証もバッチリ

それでいて薄く、デザインが美しい。サイドのフレームはまさにiPhoneXを彷彿とさせる程の高級感があり、とても2万円台とは思えない。

(色は母の希望でピンク。OPPOロゴはFIND Xで見慣れていた)

 

ところで指紋認証は廃止されており、顔認証だけになっている。しかも前回の記事で触れたように、OPPOの顔認証機能はiPhoneXやGalaxy Note9より優秀。恐らく、業界で最も優れているのではないだろうか。

(Galaxy Note9では解除できないのに、同じ角度でR15 Neoは既にロック解除できている)

顔写真などで簡単に突破されてしまうのでは!?という懸念もあり、それも試してみたのだが、どうやっても突破することは不可能だった。セキュリティとしては安心できるだろう。



最後に

第一印象としては「決して悪くない」といえる。この価格でROM64GB、RAM4GB、バッテリー4,000mAh超えという時点でコスパが良いのだが、DSDV+microSD、デュアルレンズカメラなど付加価値が多い。

 

取り急ぎ報告レビューというか、母が買いました的な記事となったが、次回から使用感はなどにも触れていきたい。とりあえずmoto G4 Plusが完全に壊れる前でホットした。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPhone XS、発表前に知っておきたい最も注目すべき顔認証の話・・・

iPhoneXが発売されて早くも1年が経過しようとしている。シリーズ初のホームボタン廃止、ベゼルレス、有機EL採用のディスプレイなど衝撃的な要素が満載で大きな話題となった。

 

価格は非常に高額ゆえ出荷台数は減少するも、圧倒的な人気である事には変わりはない。そして3日後の14日(日本時間午前2時)に新型が発表される予定だが、ぜひ注目したい機能がある。どちらかと言えば評判の悪い顔認証だ。



①中途半端な顔認証システム

筆者がiPhoneXを手放した最大の理由の一つが顔認証といっても過言ではない。PCで作業をしながら手を伸ばしてメールの内容を見るだけの時、TwitterやLINE通知の内容だけを見たい時、従来のiPhoneなら簡単にできた。

(例えば、このようにPCで作業しながら横にあるiPhoneをチェックする際、指紋認証が役に立つ)

しかしiPhoneXでは顔の前まで本体を持ってきてロック解除する必要があり、非常に難儀だった。本体を傾ければ認証する事もあるが、角度によっては認証されずイライラするだけになってしまう。

 

②悩む有名Youtuber

衝撃的だったのは日本一のYoutuberとも言われるヒカキン氏がiPhoneXの顔認証が無理でiPhone8に変更したこと。そして同じ事務所に所属するめぐみチャンネルのめぐみ氏も直近の動画で顔認証だけを否定的に見ている。

②理想はOPPO FIND X並の速さと正確性

指紋認証がなく、同じく顔認証だけのスマホに、以前レビューしたFIND Xが挙げられる。これは非常に優れていて、iPhoneXよりも広範囲かつ高速にロック解除できる。

以前Twitterで検証した動画だが、新型iPhoneがこのレベルより落ちるのであれば魅力が半減してしまいそうだ。



最後に

有名Youtuberをはじめ、筆者を含む様々な人に不評をかったiPhoneXの顔認証。iPhone5sで初登場したAppleの指紋認証は実に素晴らしかっただけに、使いづらくなってしまった。

 

ここは是非ともXSで解消してもらいたい。でなければ、買い控えを起こしiPhone8を使い続ける人が続出しそうな気さえする。もっともディスプレイ内認証でもあれば別だが、リークにも出ていない事から期待はできないだろう。発表が楽しみで仕方ない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



iPhone8 Plus VS OPPO FIND X!!夜景を征したのは・・・驚愕の結果をレビュー!!⑧

2018年前半は、Huawei P20 Proの圧倒的なカメラ性能がガジェット界隈を賑わせた。特に夜景に関しては右に出るものが無いほどで、「何か夜景に強い機種出てこないかな」と思っていたところ、まだFIND Xの夜景を試していないことに気づく。

 

先ほど秋葉原から上野の2ヶ所を撮影。iPhone8 Plusと比較すると驚く結果となった。Twitterでは一足先に公開しているのだが、FIND Xの力が凄い。



①夜景戦ではFIND Xが優勢か!?白飛びを見事に抑える

先に言っておくとiPhone8 Plusは文句なしのカメラ性能を誇っており、普段ブログやTwitterに投稿する写真は大体が同機種によるものだ。では、夜景撮影ではどうなるか。まずはiPhone8 Plusで撮影したのがこちら。

悪くないように思われる。ただ、次に同じ位置からOPPO FIND Xで撮影すると次のようになった。

一目瞭然なる違いにお気づきだろうか。白く飛んでしまっている部分が抑えられており、画像右上の「貸広告」の文字や真ん中のビル1Fがローソンであることがはっきりわかるのだ。

 

②夜景勝負あったか、上野広小路で撮影

徒歩5分ほど歩いた場所の、上野広小路交差点。信号待ちの時にここから撮影。同じく、iPhone8 Plusから見てみよう。

若干暗いが、1F~3Fのテナントが判別できるくらいには映っている。では、同じ位置からFIND Xで撮ってみよう。次のようになった。

全体的に明るく映っており、申し分ないように思われる。特に画面右の建物や木との境目がiPhone8 Plusでは判別しにくい。




最後に

今まで室内でFIND Xと8Plusの比較は行ってきたのだが、ほぼ大差がない結果となっていた。ただ、夜景に関しては圧倒的にFIND Xに軍配が上がる。もしかしたら、Galaxy S9+を凌駕したかもしれない。

 

ここまで良い物を経験してしまうと、少しでも質が落ちた時にガッカリしそうで怖い。デジカメ要らずの時代、本当に到来するかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



LINEの通知が来ない!?OPPO FIND Xの噂を検証、レビュー!!⑦

前回の記事で不満は特にない、敢えて挙げるならという記事を書いた。あれから数日後、何やらLINEやTwitterなど一部通知が来ないアプリが存在するという。確かに通知が来なければ困るし、それは避けたい。

(関連記事:ここが惜しいよ、OPPO FIND X!購入前に知っておきたい点をレビュー!!⑥

 

今回は色々と試してみた、筆者なりの検証結果を書いていく。購入を検討している方に何かしらの参考になれば幸いだ。



①確かに通知の来ないアプリはある

結論から言うと、アプリを立ち上げてバックグラウンドで動作させておけば問題はないが、間違えて終了させてしまうと着信できない状態となる。気になるのはバックグラウンド中の消費電力だろう。

(LINEとTwitter。これを終了してしまうと通知が来なくなる)

 

そこで、LINEとTwitterを起動させたまま一晩置いたら、どれくらいバッテリーが減るものかを検証してみた。

 

②大容量バッテリーのおかげ!?あまり気にならない

というわけで、LINEとTwitterをバックグラウンドで再生させたまま一晩過ごしてみた。寝る前のバッテリーは75%。朝起きたら72%になっていた。結果、バッテリー消費大とはいえ、そこまで神経質になる必要もないのかもしれない。

(0時35分から6時35分まで。2時間で1%減っているくらい)

(実際の通知画面。スマホをロック解除する前に確認できる)

他にもGmail以外のメールがリアルタイム受信できないなど有るそうだが、同じ要領で常に立ち上げておくしかないだろうか。

(バッテリー消費量大と表示されるLINEとTwitterだが、実際にはシステムランチャーの方が消費していることがわかる。Twitterに関しては全く気にすることはない)



最後に

OPPOに限らず、中華スマホは通知に弱い傾向があると言う意見もある。全て検証したわけではないので何とも言えないが、少なくともLINEが来ないというのは初めてだ。

 

このように工夫次第で改善はされるので、これで良しとできる方にはいいが、逆に通知が命という人にはFIND Xがお勧めできないことになる。この辺り、海外ではどう扱われているのか。更に調査して、分かり次第また報告したい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ここが惜しいよ、OPPO FIND X!購入前に知っておきたい点をレビュー!!⑥

個人的にはかなり満足度が高い、OPPO FIND X。ランチャーの変更ができないのは既に広く知られている。ただ、それでもさほど不便は感じない。今回は、これは惜しかったなと思う点を敢えて挙げるならくらいの感覚でレビューしたい。

(参照記事:iPhoneXより高速!!顔認証のたびに毎回カメラが飛び出すOPPO Find X、凄すぎてワロタwww



①アップデート内容など、一部が中国語で読めない

これはもう、揚げ足取りのような話だが日本語に設定してもごく一部だけ日本語にならず中国語が残ってしまう。元々は中国国内での利用が想定されており、それ故Google Play Storeもないわけだが、どんなアップデート内容なのか、一発でわかると嬉しかった。

(バージョンの情報までは日本語なのだが、その他は中国語という謎仕様)

また、音声アシスタントも基本的に中国語となっており、ランチャーアプリと同様、なかなかGoogle Assistantに置き換える事が難しい。無理やりにでもデフォルトの中国語アシスタントをアンインストールすべきか検討している。

(Google Assistant自体は何とか利用できるが、たまに中国語アシスタントが邪魔をして起動しない。このため、対策を考えている)

 

②欲を言えばステレオスピーカーが欲しかった!

モノラルスピーカーなのは知っていたが、それなりの迫力で音質は申し分ない。ただ、FIND XはSnapdragon845、RAM8GBを搭載するハイエンドの中でもエリートクラス。だからこそ、抜け目のない状態は欲しかった。

(驚異のAntutuスコア。耳を当てるスピーカー部分があるのだが、音楽は聴こえてこない。)

イヤフォンジャックがないのは賛否両論あるだろう。筆者としてはあるに越した事はないのだが、なければAir PodsをiPhoneと交互で使うので問題はない。



最後に

驚くかもしれないが、後は何の不満もない。もしかしたら、今年P20 Proと並んで甲乙つけがたいくらいに満足している。上述した、一部が中国語である問題、Googleアシスタントが使いにくい問題は、グローバル版が存在していれば解決できるだろう。

 

顔認証がiPhoneX以上の完成を誇っており、動作はヌルヌルサクサク、Antutuベンチマーク28.9万。デザインがカッコよく本体も重すぎない。クセのあるOSではあるが、ダサいとも言えないUIで申し分なさすぎる。グローバル版が出ればメイン機として買い換えてもいいくらい。いや、日本法人があるのだからR11sに次ぐモデルとして投入してくれないだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



エッヂディスプレイも快適!iPhone8 Plus並にシッカリな横幅、OPPO FIND Xをレビュー!!⑤

飛び出るカメラや速攻な顔認証など話題が尽きないOPPO FIND X。スペックも超ハイエンドでデザインが優れている。まだ触れていない部分といえば、ディスプレイのエッヂについてだろう。

 

エッヂ部分が好きか嫌いかと言われれば、嫌いと答えてしまうのだが、今回のディスプレイは横幅がしっかりしており誤操作を起こしたりもしない。更にアクセサリーにも注目したい。

(関連記事:【速報】オレ氏、カメラが飛び出る第2弾 OPPO Find Xを入手!VIVO NEXとの違いをレビュー!①



①デフォルトでフィルムが貼られている

まずびっくりしたのは、Huaweiなどと同様、保護フィルムが付属している点だ。付属というより、完璧な状態に貼られている。ガラスフィルムにこだわらない限り、別途買う必要がないのだ。これでいくらお金が浮いたことだろう。

(ディスプレイ枠部分にフィルム跡が見えるだろうか。エッヂまで完璧に貼られている)

数日使っているが、剥がれてくる事はまずないし、嫌であれば剥がしてしまえばいい。更にフィルムがあることで視認性が悪くなることもないのも強調しておきたい。

 

②横幅シッカリ!縦長スマホが苦手な人にこそ向いている

エッヂだけでなく、縦長ディスプレイも好きになれない。去年はiPhoneXを手放してiPhone8 Plusをメインにしたほどだ。Galaxy Note8もS9+も同じ理由で好きになれず、手放してしまった。

(iPhone8 Plusと横幅、縦幅、ほぼ同じくらい)

上から覆いかぶせても横・縦ほぼ同じ大きさだ)

OPPO FIND Xも心配だったのだが、なんと横幅シッカリしているではないか。iPhone8 Plusと同等。これだけ広く6.42inchを実現していれば何も文句はない。



最後に

中華スマホ天下となってきているが、単純にコスパが高いだけではない。ケースが付属するのは、Huaweiだけでなく、もはやあたり前の傾向にあり日本企業では絶対にやってくれない事だ。しかも、貼りにくいエッヂディスプレイにフィルムが最初から取り付けられている点にも関心させれられた。

 

更にトレンドである縦長ディスプレイが苦手な人の事も多少なりとも考えられているのではないだろうか。6.4inchで話題となったXperia Z Ultraの後継機種はXiaomi Mi Mixかと思われたが、これこそ後継に相応しいかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



Antutuベンチ28万点越え、RAM8GBのバケモノ、FOMAにも対応のOPPO FIND Xをレビュー!!④

レビューポイントが非常に多いOPPO FIND X、早くも4回目の記事となる。今回は至ってシンプルにスペックの話や使い勝手、その他の検証結果を書いていこうと思う。予想以上に使いやすくて暫く手放せそうにない。

(参照記事:iPhoneXより高速!!顔認証のたびに毎回カメラが飛び出すOPPO Find X、凄すぎてワロタwww



①なかなかのバケモノ、Antutuは実質28万点!

まずベンチマークの結果からお伝えすると、そのスコア実に289933点(何度か繰り返した最高値)。Snapdragon845を搭載した機種はGalaxy S9+、Zenfone5Zと2機種購入したが、どちらもほぼ26万点だった。

この時点で既に驚異的なのだが、RAM8GBの影響かFIND Xは更に2万点を上回る結果に。この端末を使ってできない作業なんてあるのだろうか。連日の猛暑の中で利用しても発熱は特に気にならない。

 

②FOMA運用、プラスエリアにも対応

技適がないので、SIMを用いた通信は全く保証できず自己責任となるが、筆者が検証した限りではFOMA SIMを用いた運用ができる。それだけではない、FOMAプラスエリアにまで対応しているではないか。電子レンジに入れて検証済み

(iPhone並に実に様々な周波数に対応しており、世界のどの国でも使えるはず)

FIND Xにはグローバルレベルのアンテナが備わっており、日本のドコモが利用するBand 19にすら対応している。ちなみに、Band18、26はauが利用している周波数だが、au VoLTEに関しては一瞬KDDIと表示が出た後に圏外になり利用不可。VoLTEもなぜかオフにされている。

 

③何気に申し分なさすぎる最強スペック

公式Webから引用した物だが、RAM8GBはもちろん、AIカメラ搭載。メインカメラはP20 Proに及ばないものの、申し分ないデュアルレンズ構成。フロントカメラは2500万画素と抜け目ない。

(公式Webサイトから引用。ハイライトは上記6項目)

AppleのAnimojiのような3D Omojiという物もあり、iPhoneXを目の敵にしている感が否めない。ディスプレイは以前も書いた通り6.42inchとXperia Z Ultra難民の方はびくんと反応しそうな大きさだ。



最後に

では抜けている物は何か!?と言われれば、防水とNFC。ただFelicaが使えるわけではないので筆者は特に気にしていない。もしかしたら、QRコードさえあれば決済ができる中国社会の影響が大きいのだろうか。

 

とにもかくにも、ここまで不安や不満がない端末は非常に珍しい。ディスプレイ部分が湾曲しているため、例のごとく保護フィルムは見つけにくいはずなのだが、最初から貼られているフィルムがしっかりしているため、特別買う必要はない。まだまだ書きたりないのだが、今日はここまで。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

iPhoneXより高速!!顔認証のたびに毎回カメラが飛び出すOPPO Find X、凄すぎてワロタwww

3回目のレビューとなる、初めてのOPPO端末、FIND X。その美しいボディと有機EL、そして飛び出すカメラの虜になってしまった。ただここで、多くの人が次のように思うだろう。「その飛び出すカメラ、壊れやすいのでは!?」と。

 

今回はカメラの他、顔認証の精度に関して書いていきたい。使いはじめて二日目になるが、今の所気に入らない点は一つもない。

(関連記事:【速報】オレ氏、カメラが飛び出る第2弾 OPPO Find Xを入手!VIVO NEXとの違いをレビュー!①



①カメラのシャコシャコは実用的、そして速い!

実はこのカメラ、ディスプレイのロックを解除するたびに、わざわざ出てくる。なぜだかわかるだろうか。。。。そう、顔を認証するためにフロントカメラが毎回毎回、飛び出してくるのだ。

 

そんな頻度で使ったら壊れやすいと誰もが思うはずなのだが、公式では30万回程耐えられるとしている。GIZMO CHINAによれば1日に150シャコシャコしても、5年間耐えられるとのこと。そのため初期不良以外の心配はしなくてよさそうだ。

 

そして飛び出すカメラのスライドは実に速く、何かを撮影したいと思う瞬間を逃さないよう工夫されている。VIVO NEXはギミック感はあるが少し遅いため、実用性を求めるならFIND Xがいいだろう。

 

②iPhoneXより高速な顔認証、しかも超速い

上述したように、あまりにも動きが機敏なため、顔認証も速攻で解除される。その精度たるや凄まじい程にスムーズでiPhoneXのように失敗することがまずない。超絶な変顔をしたり、鼻から上をマスクで覆わない限り簡単に解除される。

(ディスプレイに丸いポイントがある。これをスワイプするとカメラが出てきて即解除される。その間1秒あるかないかの速さだ)

(ありとあらゆるUIがカッコ良すぎる。自撮りは本当に美化されるような気がしてくる)

ただ不思議なことに、顔を登録する時間はわずか数秒でiPhoneXのように念入りに登録する物ではない。だから簡単に突破できるのかと思いきや写真などでは絶対に突破できなかった。さすが世界シェア4位の実力なのか、安心して使えると言える。



最後に

ギミックだけではなく、技術面での実力が非常に高い事がわかったFIND X。ヌルヌルサクサク動き、あれだけ筆者が嫌いだった顔認証をアッサリと解決してくれた。(これくらいの改善をiPhoneXも見せてくれればいいのだが)

(Antutuベンチマーク計測中。ベゼルレス感が半端じゃない!)

レビューポイントが多すぎて、本来先に書こうと思っていたベンチマーク周りが後になってしまった。カメラの画質テストも含め、いろいろと書いていきたい。とてもいいぞ(*´ω`*)(*´ω`*)