【検証】香港版 Dual SIM iPhone で楽天モバイルの「テザリング」が可能に

楽天モバイル無料サポータープログラムの SIM で iPhone を動かす検証を続けている。

昨日は「プロファイル」を入れれば動作したと書いたが、なんと iPhone の本体から APN を自由に設定できることが発覚した。



まだ日本のキャリアとされていない?

日本の iPhone は SIM カードをいれれば自動的に通信が始まる仕組みで、ユーザーが自由に APN を変更することはできない。

そのため MVNO 利用者は予め APN 設定されたファイルを入れる必要があるのだ。こうした国は珍しいとも言われている。

楽天モバイル SIM は海外事業者とみなされたのか APN が自由に設定できる項目が出現していた。

「モバイルデータ通信ネットワーク」の項目を進むと詳細設定ができる。(ちなみに昨日は気づかなかった)

下のほうにすすむと「インターネット共有」の設定があり、ここに “rakuten.jp” と記述することでテザリングも解放された。

これで「無制限ルーターが完成した!!」と喜びをあげたいところだが、、データが途切れがちで困っている。

同じ場所でも時間帯によって電波が途切れることはよくある。そのため「今日は楽天 SIM をルーター代わりにして PC を使おう」という気になれないのが現状だ。

というわけで楽天モバイル MNO SIM は APN が設定できる、海外 SIM みたいな挙動を示すという検証結果をご報告した。ひきつづき色々と試してみたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す