Apple Storeに並んで買う人の気が知れない!?実は大きなメリットがある話・・・

今回、iPhoneを求めてApple Storeに並んでいたら、「並ぶ人の気が知れない」という声が聞こえてきた。確かにヨドバシや最寄りのショップなら秒で在庫を確保できるのかもしれない。

(毎年恒例のiPhone在庫一覧表。今年は高額のせいか、余裕で手に入る)

 

確かに筆者も、そのように思っていた時期はあった。だが、秒で在庫が手に入るお店では味わえないメリットがある。もしもの時に知っておいて損はない話をしたい。



①実物を見ないで予約注文してしまう習慣

Appleから新しいiPhoneが発表されると予約注文が始まるわけだが、よく考えてみたら奇妙だと思わないだろうか。早く手に入れたい人は皆、実物を見たことも触ったこともないのに注文を入れる。(デモ機が発売まで展示されないから仕方がないのだが)

(今年もApple Onlineで注文。悩んだのでとりあえず候補になる物を予約。後からキャンセルを入れ本命を選定する余裕が今年はあった)

 

そして発売日当日、量販店やキャリアショップで無事に商品を手にするも「思ったのと違う」、「自分には大きすぎた」、「色はゴールドの方がよかった」と後悔する人がある程度の割合で出てくるのだ。

 

店頭受け取りの場合、在庫があれば契約直前に色や容量の交換がきくが、オンライン注文で届いた場合は\(^o^)/オワタとなるしかない。

 

②中古で売るか、返品するか

Apple Store以外での購入は回線の契約を伴うため、原則として返品や交換は一切できない。だから\(^o^)/オワタとなっても使い続けるか、一度白ロムとして売却し、気に入った物を買い直す必要がある。

 

ところがApple Store(Online含む)で購入した場合のみ、満足できなければ返品できるのだ。もちろん極力、返品は避けたい。

だが開封後に後悔しても、最寄りのApple Storeか郵送で交換や返品に応じてくれる。結果として、満足できる買い物ができるのだ。



③もちろんルールはある

量販店のAppleコーナーや正規代理店での購入ではなく、あくまで銀座、名古屋、心斎橋などのApple Store(Online含む)で購入された物に限定される。更に購入から2週間以内という決まりがあるため、日が経ちすぎてからの申し出は流石にできない。

 

落として割れてしまったり、付属品が全くないなど、非常識な場合はこの限りではないし、購入の証明も必要になる。



最後に

「在庫が落ち着くのを待ってから買えばいいじゃないか」という声が聞こえてきそうだが、多くの場合、Appleの新製品は即日売り切れて数週間待ちとなってしまう。そうなると、やはり発売日に並ぶという選択肢が出てきてしまうのだ。

 

他のメーカーのように発売前にデモ機や展示会、予約を開始してくれればいいのだが、それはきっとアップルらしくないのだろう。さて、香港版が問題なく機能してくれたのでApple Store購入分は・・・()

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す