電気屋とメイド喫茶が減った秋葉原、どんなお店が増えた!?

ここ 10 年くらいで、秋葉原はまた様変わりした。スマートフォンの普及で PC やパーツ関連のお店、CD や DVD を扱うお店、メイド喫茶が激減した。

一世を風靡した石丸電気やサトームセンなどが姿を消し、少なくとも「電気」街ではなくなった。ではその代りに何が増えたのだろうか。



麺類を中心とした飲食店が激増

まず第一に挙げたいのが飲食店だ。秋葉原といえば、食事できる場所が少ないことで有名。

2006年に UDX が竣工すると、オフィスビルの中にレストラン街ができた。

(現在の UDX 。TULLY’S カフェからは中央通りが見える)

(現在のテナント。麺類、中華類、肉、居酒屋などが入る)

 

これだけでも画期的だったのだが、まだまだ不足していた。

この 10 年で街全体で一気に増えたものの、なぜか「麺類」がとても多い。

(必ずしもラーメンではないのが興味深い。)

(昔は怪しげなパーツを売っていた場所もいまや飲食店)

(身体に悪そうだが、とても美味しい肉汁ススムくん)




お目当てのパーツをゲットして「すぐ帰る」街から、「食べて帰れる」へ街と変化していった。

(番外編:「麺」以外だと、ケバブがもはや文化となっている・・・)

そして次に増えたもの・・・

コメントを残す