まるで紙の本を読んでいる感覚、Galaxy Fold で読書の秋を迎えよう

タブレットが登場したことで新聞や本の電子化がすすみ、全国の書店は恐ろしい勢いで激減しつつある。

もちろん筆者も iPad や Android タブレットで幾度となく電子書籍を試したのだが、どうも眼の疲れや端末の大きさに悩まされて未だに紙の本を読んでいた。

(画像は初代 iPad 。読書は捗ったけれども本体が重すぎた)

しかし新分野のデバイス Galaxy Fold は、こうした悩みをもつ人の救世主になるかもしれない。



生まれ変わった Play ブックス

電子書籍を試すにあたり、まずは Play ブックスをインストールして環境を整える。

ログインすると過去に購入した書籍がでてくる。いずれも iPad などで眼が疲れてしまい脱落したものだ。

試しに「ちきりん氏」の「マーケット感覚を身に付けよう」を起動すると、前回のつづきがリロードされた。

文字がとても美しい。やはり有機 EL だけあってパネル直下の発光がないため眼に優しいことは間違いないだろう。

筐体を曲げることで「板」のような感覚がなくなり、眼だけでなく手も疲れにくいのは大きな特徴といえる。

(文字の大きさや画面の明るさも細かく調整できる)

 7.3 のサイズ感もあいまって、まるで紙の本を読んでいる時に近い感覚に陥った。

 

書籍の種類をとわず楽しめる

タブレットでしか捗らないと思った巨大な本も程よいサイズ感に縮小されて下にスクロールしながら楽しめた。

電子書籍を読みきったことはあるが「つづきが読みたい」と思えるくらい紙の本と同じモチベーションが湧いたのは初めてだ。

飛行機の中など身動きがとれない場所で眩しくなっても、やはり本体を曲げることで快適な読み心地を維持できる。

また経過を報告したいと思うが、Galaxy Fold は今まで電子書籍に挫折した人を新しい世界にアップデートしてくれるかもしれない。

むろんタブレットでの電子書籍に眼が疲れないで捗っていた人にも新たな体験が待っているはずだ。機会があれば是非試してみよう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す