【朗報】キャリアスマホ、2020 年 4 月 6 日より分割契約でも即日 SIM ロック解除へ

総務省は 22 日、分割を組んで購入したスマートフォンでも契約した即日に SIM ロックを解除できるよう義務付けた。

契約を伴わない購入は 22 日から、契約のある購入に関しては来年 4 月 6 日から実施される予定で解除料も無料になるという。

分割購入ですぐロック解除するとどんなメリットがあるのか考察したい。



契約してすぐ海外で活躍できる

メリットの 1 つは、契約してすぐ海外に持っていける事であろう。SIM ロック解除してあれば渡航先の SIM を使うことで費用を抑えることができる。

今までだったら「契約から 90 日経たないからロック解除できない。出張で現地 SIM 使いたかったのに間に合わない」なんてことが普通にあったのだ。

(以前に香港で購入した SIM。やはりローミングなんかより全然やすい)

むろん一括で購入すれば即日解除できるものの、ここ最近のハイエンド端末は 10 万円を簡単に超えてくる。

いろんな事情があって分割で購入する人には大きなメリットとなるだろう。

 

eSIM で料金を抑えられる

もう一つは増えてきた eSIM の存在が挙げられる。2018 年および 2019 年の iPhone シリーズ、および Pixel 4/4 XL は物理 SIM に加えてソフトウェアの eSIM を備えている。

即日 SIM ロック解除が実現すれば、 eSIM も解除されて実質的な Dual SIM となる。

(海外でも急速にひろがっている eSIM は日本でも流行る可能性が十分にある)

キャリアの料金プランを下限に抑えながら eSIM でデータプランを選ぶなど、2 枚の SIM をお得に使い分けることができるだろう。

いまはまだ IIJ mio しか国内展開されていない eSIM だが、総務省は MVNO にも解放するように求めている。

これから毎年のように iPhone や Pixel が eSIM を搭載すれば利用者も増えてくることだろう。



最後に

一つだけ注意があるとすれば、分割の場合は 1 ~ 2 ヶ月分の料金をクレジットカードで先払いする必要があるそうだ。

あまり考えたくないが、ロック解除して海外に持ち逃げされるなどのリスクを避けるためと思えば妥当なことだろう。

4 月 6 日からともう少し先のことになりそうだが、10 年くらいずっと議論されてきた SIM ロック問題も、いよいよ終止符を打つことになる。

そして総務省の仕事っぷりには驚かされるばかりだ。

出典:SIMロック即時解除義務化 22日から、総務省

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す