SoftbankとY!mobileで大規模な通信障害!今日の教訓とDual SIMの勧め・・・

一つのスマートフォンにSIMカードが2枚入るという認識が、少しずつ広がってきただろうか。「そんなのいる?」と言われ続けたが、今日のSoftBankの通信障害で大きな教訓を得た。

筆者はカフェにいたのだが、突然Y!mobileの通信が切れたのを確認。おかしいなと思いiPhone(Softbank回線)を手に取るも繋がらない。



①災害以外、日常生活における緊急時を考えよう

ひとまずUQ mobile回線に切り替えて事なきを得たのだが、まさか大規模な通信障害が起きているとは全く思わなかった。だって今日はただの平日。大規模な災害・地震・台風など明らかな緊急事態ならわかるが、平和な空気しか流れていない。

 

そしてSoftBankが繋がらないなんてネットに接続しない限り知る由もない。そして他のキャリアは特に問題ないとのこと。もし大事な約束のあった仕事の日だったら取引先と連絡できず、慌てて公衆電話を探すような事態になっていたかもしれない。

 

②Dual SIM、Dual Standbyの勧め

携帯電話の通信は電車やバス、ガスや水道といったインフラである以上、止まっても仕方がない。今日SoftBankが責められたとしても、同じ事がdocomoやauで起こらないとは誰も保証できない。

(香港版iPhoneを利用していた筆者は、UQ mobile回線に変更して事なきを得た)

 

今回の教訓で思ったのは、「災害時以外でも通信障害は起こるのだ」という意識を高めておく必要があること。2台持つのが億劫な人にはDual SIM対応スマホが理想だろう。同じ会社のSIMを2枚入れるのではなく、違う会社同士で組み合わせでリスク分散するのだ。



最後に

当ブログでは何度もDual SIMについて触れているが、知っているけど必要性を感じないという人はぜひこの機会に検討してみよう。そして、Dual SIMという画期的な仕組みを知らない人は、DSDSで検索してみると詳しく解説しているサイトが出てくるので、この機会に調べて知識だけでも持っておくといいだろう。

このブログを書き始めたのが約30分前なのだが、まだ復旧する様子はない。このブログはWiMAX2+回線で書いているが、これが「SoftBank回線だったら繋がらなかったのだろうか」と思うと恐ろしい・・・

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す