情報戦を制したい

Skyblue

料金的な話 日記・

楽天ポイント、iPhoneで「モバイルSuica」にポイント・チャージする方法【やり方】

投稿日:

買い物やクレジットカード利用で貯めた楽天ポイントをSuicaチャージできるのをご存知だろうか。

おサイフケータイを搭載したAndroid端末なら「楽天ペイ」アプリにSuicaを生成し、貯めたポイントをチャージできる。

しかしiPhoneで利用できないのがとても残念で、どうにか解決できないか探っていた。

結果、余った楽天ポイントをiPhoneのモバイルSuicaに全額チャージできたので方法を記録したい。



手順1:楽天デビットカードを用意する

まず大前提として「楽天銀行アプリ」と「デビットカード」が必要で口座開設が必要になる。

(VISA、Master、JCBブランドから選択可)

開設にあたってデビットカードが発行されるので、まずはここまでやってみよう。(ちなみに楽天カードの引落口座に設定すると楽天市場の還元率が常時1倍アップする)

 

手順2:楽天銀行アプリで「ポイント利用設定」

デビットカードが手元に届いたら、楽天銀行アプリを開いてみよう。

残高表示される画面がでたら「楽天銀行デビットカード」をタップ。

すると1日の利用限度額などが表示される。

 

スクロールして「ポイント利用設定」をタップ。現在利用可能なポイント数が表示される。

1回の決済ですべて使うか、毎回利用ポイント数を調整するか選択可能。

(手違いで検証前のスクショ保存忘れ。912ポイントあると仮定して頂きたい)

今回、筆者は1,000円チャージするために912ポイントと入力してみた。



手順3:iPhoneにSuicaアプリを入れる

さて、ここまでくればもう少し。iPhoneに「Suica」アプリを入れよう。

入金(チャージ)をタップするとクレジットカード登録ができる。ここで楽天デビットカードを登録するわけだ。

そして登録が済んだら、いよいよチャージしてみよう。今回、利用する楽天ポイントは912円分。

最低チャージ額1,000円だから88円は楽天銀行から引かれる事になる。結果は、

 

足りない分88円が引かれて912ポイント全てがチャージされた。1,000ポイント以上あれば現金を使わずにチャージできたと思われる。ただし期間限定ポイントは利用不可とのことで、これは少し残念。

 

実質どこでも使える「楽天ポイント」

というわけで楽天ポイントは楽天銀行デビットカード経由でiPhoneのモバイルSuicaにチャージ可能だ。

また試していないがwena3、fitbit、GARMIN等のスマートウォッチのSuicaにも同じやり方でチャージできるかもしれない。

これで電車やバスに乗車したりコンビニやスーパーでの買い物だってできるから、楽天ポイントは実質どこでも使えることになる。

というか「楽天銀行デビットカード」さえあれば、クレジットカードに対応するお店で何でも購入できてしまわないだろうか。足りない分だけ現金を足しておけばいいのだ。

Twitterをフォローする!@skyblue_1985jp



-料金的な話, 日記・

Copyright© Skyblue , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.