Google 、大統領令をうけファーウェイとの取引を一部停止か

Android を提供する Google が、ハードウェア、ソフトウェア、および技術提供に関してファーウェイとの取引を停止したと報じられた(ロイター通信)

同社をブラックリスト化する米国大統領令に基づくもので、ファーウェイは新たな苦境を迎えるかもしれない。



①アップデートが来なくなる可能性

一連の動きをうけ、ファーウェイは  Android OS の最新アップデートにアクセスできなくなる見通し。

またオープンソースの Android OS 以外では Google Play Store, Gmail,  Youtube へのアクセスも次期 OS では排除される。

このままではファーウェイ端末が、Google アプリを一切持たない端末と化してしまう。

 

②昨年の ZTE を彷彿とさせる

昨年、トランプ大統領は中国の ZTE に対して同様の措置をとった経緯がある。

これをうけて ZTE 製スマートフォンは一時的に Google のアップデートサーバーにアクセスできなくなった。

同製品を扱った NTT ドコモでも一時的に売場から撤去され、ユーザーが混乱を招くことになった。

NTT ドコモは  P30 Pro を取り扱うと発表したばかり。また量販店などを通して SIM フリー端末を展開する多くのファーウェイ端末への影響も懸念される。

NTT ドコモやファーウェイ日本法人がどのような行動にでるか。近く発表される声明に注目したい。

出典:Exclusive: Google suspends some business with Huawei after Trump blacklist – source

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す