情報戦を制したい

Skyblue

日記・

フリーランス 1 年目、調子にのって死にそうになった話・・・「売上と税金とキャッシュ・フロー」

投稿日:2019-07-19 更新日:

会社をやめてフリーランスになった記事を書いたら予想外に読まれたので、たまに投稿していこうと思う。

今回は「税金」に関しての意識が足らず死にそうになった話。



確定申告はとても順調

フリーランス(個人事業主)になると、税金の支払いもまた個人で行うことになる。

会社をやめたばかりで時間も知識もなかったため、税理士をとおして副業の確定申告をした。

自営業の方はご存知だと思うが、申告後わりとすぐに「所得税」を納付して税理士への報酬を支払う。

珍しいものだから変な気分になり「国民の義務を果たしたぞ!」と、なぜかドヤ顔でスターバックスに行くのだった。

(P30 Pro なんか買っちゃうくらいのドヤ顔で情けない)

そして 3 月は偶然にも最高額の売上を叩き出しており、ここで調子にのってしまうのだった。

 

「ノマド」とか言ってほざいていた

そのあとの筆者の動きといえば Twitter でご覧の方はおわかりだろう。

(元号が令和にかわる頃、こんなにも端末を揃えていた)

PC があれば海外でも仕事できるため香港、中国、韓国、マレーシア、シンガポールなど海外を渡り歩いた。

ここで「個人事業主」の洗礼をうけることになる。

ちょっと気を抜いたら売上が落ち始めたのだ。5 月、6 月を合わせても 3 月の売上に届かない。

さらに帰国後、自律神経が悪くなって休んでいるうちに仕事ができず下がる。

この後トドメを刺されたのだった。

 

「税金」のオンパレード始まる!

売上が落ちて、しかも具合悪くて寝ているところに「住民税」と「国民健康保険」の支払い通知がとどく。

あけてビックリ。分割で支払うことができるとはいえ 3 桁万円飛んでいくではないか。

死んだ・・・ 売上が落ちているところに税金の支払いは痛い。

その総額はちょうど「欲しい物」や「投資」に回そうとしていたため、下半期の計画が完全に狂ってしまった。

しっかり貯金していたから大丈夫だったけれど、逆に預金がなかったら行き詰まっていただろう。

完全に自業自得で情けなくなり、たぶん 1 週間は死んだ顔をしていたと思う。



常に全力であることが大事だった

というわけで今年は基本的ながら大事なことを学習した。

・「住民税」と「国民健康保険」は確定申告から 3 ヶ月後くらいにやってくる。

・前年度の売上からある程度予想して、預金しておく必要がある。

・売上が好調だからといって調子にのってはならない。

・「贅沢は敵だ!欲しがりません、勝つまでは」くらいの気持ちが大事。

 

毎月の収益が不安定であるため、上記のことを肝に銘じて今は毎日頑張っている。

厚生年金からは外れ、ボーナスもない。それでも会社員には戻りたくない。

そしてたぶん、この先も「詰んだ」と思うことはいくらでも出てくるだろう。

しかし乗り切っていくしかない。そしてくれぐれも肝に銘じておきたい「調子にのってはいけない」と。。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



-日記・

Copyright© Skyblue , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.