100 GB 使っても無制限、iVideo 300 GB レンタル SIM の検証と考察

月額 3,200 円の 300 GB レンタル SIM の検証開始から 2 週間。利用データがついに 100 GB に達成し、制限かからずに使えている。

超大容量データを「わざと」流すようなことをしなければ、300 GB 使えるのではないだろうか。

今回はこの手の大容量レンタル SIMに関して考察したい。



予測1: 遅かれ早かれ爆発的にのびる

月額 3,200 円で 300 GB というのは現存するサービスでずば抜けて優れている。

影響力ある Youtuber が動画で紹介すればすぐに拡散され、固定回線や WiMAX2+などを解約する人が続出するだろう。

(本当は 900 GB に興味があったのだが売切れていた)

注目度が高まり口コミで広まると、いつの間にか回線が重く感じるようになってくるはず。

そしていつの日か、ソフトバンク本体が対策に乗り出すはずだ。

 

予測 2 :帯域制限が入る可能性

断言こそできないものの WiMAX2+ のような◯日間◯ GB までといった制限が入ると筆者は予測している。

理由はシンプルで過去に存在した「大容量」サービスがことごとく失敗に終わっているからだ。

あの WiMAX2+ とて例外ではない。サービス開始の 2013 年 には「一切の制限がない」と謳っていた。

それこそ筆者は 100 GB を越える通信をしていたし、こうした状態がずっと続くと思っていた。

しかし加入者がふえすぎて「帯域制限」が導入されると集団訴訟にまで発展する大問題になったのだ。

制限なく使えることに期待はしているが、過去から現実的なことを予測しておくのも大事だと思う。



最後に

というわけで 100 GB をこえても iVideo SIM に制限がかかることはなかった。

お勧めできるかと問われれば「イエス」だが、通信制限のない状態がずっと続くのかは疑問視している。

さらに以前にも触れたが怪しいと言われる業者がおおい。1 ~ 2 人で回している会社や電話に出ない事業者もある。

(「モナ」を使った業者、このほか色んな業者がある)

したがってある程度スマートフォンの仕組みや操作に詳しい人むけになってしまうことも覚えておきたい。

なお筆者はこのまま仕事とプライベート用に使い続けようと思っている。

2 年縛りがなく単発的に 1 ヶ月単位で使えるのも大きな強みと言えるだろう。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す