【知っておきたい】VIVO NEX購入前に覚悟すべき3つのこと・・・

購入して後悔したかな!?と思いつつも、何だかんだで愛着が湧いてきたVIVO NEX。これを一般の人にお勧めできるかと言われれば、答えはNo。圧倒的にNoなのだ。

(関連記事:後悔しかけたVIVO NEX、じわじわと愛着湧いてきた話①~Google Playストア、インストール簡単すぎワロタ編~

 

では、その反対を押し切ってどうしても欲しい、いや欲しいんだよ!という猛者には、ここに書く事を覚悟してから購入されたい。



①画面分割はどうしてもできない

中華フォントの訂正、Google Playストアの導入、ランチャーの変更は比較的簡単にできた。だが、画面分割はどうしても一部のアプリに限定される。無理やり行ってもダメだ。

(Nova LauncherにTwitter&Youtubeなどを作成したが動作せず)

グローバル版が出るのなら、それを待つしかないだろう。6.59という、せっかくの真のベゼルレスで2画面ができないのは痛い。同様に、アプリクローンも一部の中国アプリに限定される。

 

②価格が割高、VIVO NEX Aの価格でXiaomi Mi8が買える

確かにポップアップ式のカメラはカッコいいし、未来を感じさせる。だから持っていればドヤ顔できるのかもしれない。だが、恐らく多くの人が一瞬で満足してしまうだろうし、他社製のスマホも十分すぎるほどベゼルレスなので、VIVO NEXが圧倒的に真のベゼルレスともいいきれない。

(とにかく高い。相場が上がっているのでは!?と思われるほど高い。)

しかもSnapdragon710のチップセット搭載の割に、中華スマホの中では割高だ。最高峰でディスプレイ内指紋認証ができるVIVO NEX Sは10万円を超える。10万円払って画面分割できないのは辛い。

 

③OPPO Find Xに話題を持っていかれつつある

詳しい人は既にご存知だろう、VIVO NEXよりも迫力のあるOPPO社のFind Xという製品が脚光を浴びている。VIVO NEXも十分すぎるほどの話題性があるのだが、既に世界は次を見ている。

 

だからVIVO NEXを買ったとして、Find Xが凄い!!という結果になったら、せっかく手に入れたのに悲しい思いをすることになるかもしれない。



まとめ

ということで、現時点でVIVO NEX購入する方は3つの事を覚悟せねばならない。画面分割やクローンアプリが一部の中華アプリに限定されていること、中華スマホとしては割高であること、そしてOPPO社のFind Xに話題が持っていかれそうなこと。

 

この3点にダメ押しで、VIVOアカウントを公式に問い合わせて取得しないとランチャーアプリが自由に動作しないなどの面倒な作業が加わってくる。これはさすがの筆者もお手上げだ。輸入される方は、何かしら参考になればと思う。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す