Windows Phone 8.1をレビュー

昨年購入したLumia 1520はとても使いづらいOS(WP8)を搭載していた。

 

すぐに手放したのだが、その後リリースされたOS 8.1で大幅に改善されたとの噂が飛び交う。そこでLumia930を購入。

 

主にWindows Phone8との違いをレビューしていきたい。(外観レビューは多くの方が掲載しているため割愛する。)

 

 

①スマホサイトが閲覧可能に

wp_ss_20150128_0003

 

信じられないかもしれないが、今までWPは「スマホ向けサイト」の閲覧ができなかった。

 

アプリで無理やり見ようとするとWebサイトが崩れたり散々だったのだ。ここが8.1で改善!

 

主体となるブラウザは相変わらずIEだが、どんなサイトもスマホ表示なので安心感がある。

 

小さなようで神レベルなアップデートだ。

 

 

 

②通知センターの追加、iPhoneのような快適さ

 

WP8まではAndroidのようなドロワーが存在せず、アプリ毎に通知のチェックが必要で非常に面倒だった。

 

ドロワーがないのでWi-FiやBluetoothのON-OFFも手間がかかる。

とにかく不便だった。

 

ところがご覧あれ。パクリと言えばそれまでだが、WP8.1ではAndroidのようなドロワーが追加された。

wp_ss_20150125_0001

 

これが本当に便利で確実に通知させてくれるだけなく、通知をタップすればアプリが起動する。

 

更に懸案事項だったWi-FiやBluetooth、機内モードなどが簡単に設定できるようになった。

 

iOS7でiPhoneの設定が楽になった時の感覚。いや、それ以上の物がある。

 

 

③マルチタスクが可能に

 

wp_ss_20150128_0004

 

iPhoneがマルチタスクを実装したのは2010年に発売されたiPhone4から。遅れること4年。。

 

信じられないような遅れではあるが、やっとMicrosoftの本気度を感じることができた。

 

 ④フォルダーの作成で待受を整理できるように

 

スマホでフォルダー分けができないと非常に不便。それがようやく可能になった。

 

タイルを一つ一つ小さくすることはできたのだが、誤タップや整理が煩わしかったので嬉しいアップデート。

 

スクリーンショットの左上、「メッセージング」の下をタップするとアイコンが広がる。

wp_ss_20150128_0006

 

⑤バッテリー節約への姿勢

 

何もかもが便利になっているような感じだ。OSの処理速度も非常に速い。バッテリー節約モードにも注目。

wp_ss_20150128_0005

AndroidでいうバッテリーMIXのような機能が備わっており、アプリ毎にバックグラウンドでの動作を制御できる。

 

「バッテリーセーバー機能」では不要なバックグラウンド タスクが全て無効になり、アプリの通知数も減らすことができる。

 

これがOS自体に実装されているのは非常に喜ばしい。

 

 

⑥逆にできないこと

 

そもそも日本で展開されていないので、日本向けアプリが圧倒的に少ない。技適の問題もあるだろう。

 

簡単にまとめると‥‥

 

1.お店で使えるアプリは皆無に等しい。

2.日本語対応だがIMEを選ぶことはできない

3.ツイキャス、Ustreamなど生放送系が不可

4.Cortana(音声アシスタント)の日本語利用

 

2に関しては仕方ないだろう。日本語用IMEは中々使えるので我慢。3に関しては辛い・・・

 

さすがのWindowsもFlashの利用ができなくなっており、HTML5の早期普及が望まれる。

 

1と4だが、もしも日本へのWindows Phone導入が決まれば即解決するだろうし期待したい。

 

 

まとめ

 

AndroidやiOSは世界的にも日本国内でも目覚ましい発展を遂げているためWindowsが追いつくのは難しい。

 

しかしながら「スマートフォン」としては完成度がかなり高く多くを求めない人にはありだろう。

 

むしろ、Firefox OSでは出来ないことがWindows Phoneではできる場合が多く、ぜひ日本にも歓迎したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す