情報戦を制したい

Skyblue

Apple系 日記・ 検証記録 秋葉原レポート

【技適あり】iPhone SE 2020 香港版 SIM フリー、59,800 円(税込)で販売中

投稿日:

驚異のコスパを誇る iPhone SE 2020 は 4 月 24 日の発売から僅か 4 日で国内モデルが品薄となりつつある。

なかにはシャッター音のない海外版を検討するも、技適の有無が心配で購入に踏み切れない人もいるようだ。

そんななか SE 2020 の香港版を購入できたので情報をシェアしたい。



日本版との違いはシャッター音のみ

今回利用したのは「イオシス」アキバ中央通店で価格は 64GB で 59,800 円(税込)。

同店のメリットは海外スマホの初期不良にすぐ応じてくれること、税関などの諸経費が含まれていることだ。

(型番は Model A2296:中国や米国モデル以外は共通ハードを用いている)

2018 年から香港版といえば物理 Dual SIM のイメージがあったが、今回は日本とおなじ  nano SIM + eSIM 構成である。

従ってシャッター音以外はすべて同じ仕様であることを覚えておこう。

 

安心安全の技適あり

それでは初期設定を終えて認証情報をみていこう。

「設定」→「一般」→「法律に基づく情報および認証」の順番にすすむと日本総務省の「技適」が確認できた。

付ライトニングケーブル、イヤホン、香港向け AC アダプターが同梱)

また Twitter では ETOREN で購入されたシンガポール版にも技適の報告が上がっており、もしかすると複数の国のモデルで表示されるかもしれない。

@kamiyo_Yashima さんより引用

というわけで iPhone SE 2020 の輸入を検討していた人は、安心して香港版またはシンガポール版を購入できるだろう。



最後に

2015 年頃から国の指導でスマートフォンの在り方は大きく変わってきた。

SIM ロック即時解除の義務化、本体の単体販売(分離プラン導入)、MVNO に対する テザリングおよび L2 ロック禁止など枚挙に暇がない。

この調子でシャッター音も廃止されれば輸入の必要もなくなるのだが、これに関しては盗撮防止の観点から肯定派が多いのも事実。

そうなるとやはりカメラ重視派の人は輸入するしかないだろう。

購入を検討している人は国内ならイオシス、海外通販は上述の ETOREN をお勧めしたい。

ただし昨今は為替の変動が激しく、つられて本体価格が動くことも覚えておこう。

追記:イオシスでは 14 時 30 分時点で全モデル完売中

リンク:イオシス ETOREN

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



-Apple系, 日記・, 検証記録, 秋葉原レポート

Copyright© Skyblue , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.