情報戦を制したい

Skyblue

料金的な話 日記・

UQモバイル、月額 3GB プランを 1,480 円に値下げ。MVNO を終焉へみちびく破壊力・・・

投稿日:

1 月 13 日、KDDI が 2,480 円で 20 GB 使える povo を発表。

ドコモの ahamo、ソフトバンクの Softbank on LINE と合わせて大手 3 キャリアの目玉プランが出揃った。菅政権から追加注文がない限り、携帯電話料金値下げはいったん落ち着きそうだ。

しかし同時に意外だったのが au サブブランドの UQ モバイルが大胆な値下げを見せたこと。

もしかすると MVNO 業界を衰退させてしまうかもしれない。



高品質のまま MVNO より低価格になった・・・

UQモバイルの新料金は従来の S、M プランが 500 円値下がって 1,480 円(税抜)から持てるようになった。

(余った容量は翌月にくりこし可能。10 GB だった R プランは 15 GB の M プランとなった)

もちろん 3 GB のデータ量はそのままに昼夜のピークタイムで低速化せず、ギガを使い切っても 300 Kbps 前後のスピードは無制限に利用可能。

全国の UQ スポットでは機種変更、端末下取り、住所変更、解約、修理受付などサポート体制もバッチリ整っている。

こんな有利な条件をもって IIJ mio、 BIGLOBE モバイル、LINE モバイル、mione といった MVNO の 3GB プランとほぼ同額か 100 円安いのだ。

もちろんクレジットカードだけでなく銀行口座振替による支払いも可能である。

ここまで来ると特別な事情がないかぎり他社の au 系 MVNO にこだわる理由が無くなると言えないだろうか。



無料通話付きで 1,980 円(イチキュッパ)

もっと驚いたのは 60 分の無料通話を追加しても 1,980 円(税抜)に収まることだ。

毎月 60 分 500 円、10 分定額 700 円、24 時間定額 1,700 円と 3 種類から選択可能。

一度オプションとして追加して不要であれば外せばいいし、足りなければ 10 分定額に変えられるなど、久しぶりに顧客目線になっている気がする。



昔は最初だけ安かった・・・

余談だが過去と比べてどれだけ安くなったか見てみよう。

すでに受付終了している「おやべりプラン」は 1 年目 1,980 円ながらデータ通信は 2 GB しかなかった。

しかも 2 年目は 2,980 円に値上がるほか 3 年目はデータ量と無料通話が各プラン半減するなど「入り口だけ安くて割高になる」料金体系だったのだ。

また 2 年間以内に解約すると発生する 9,500 円の違約金も廃止されたことから、消費者にとても優しくなった印象だ。

ドコモ回線にこだわる人は現状維持をするにしても、やはり au 系 MVNO は窮地に陥ったと言えないだろうか。

もしもライバルの Y!mobile が対抗すれば今度はソフトバンク系 MVNO が、ahamoに動きがあればドコモ MVNO が徐々に衰退するかもわからない。

衰退する3 キャリアの値下げは私たちの想像を遥かに越えていたのかもしれない。

Twitte をフォローする!skyblue_1985jp



-料金的な話, 日記・

Copyright© Skyblue , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.