情報戦を制したい

Skyblue

未分類

サムスン、 Galaxy A52 & A72 を発表。3 倍光学ズーム搭載などカメラを大幅に刷新へ

投稿日:

サムスンは日本時間 3 月 17 日 23 時過ぎ、ミドルスペックの最新作  Galaxy A52, A52 5G および A72 を発表した。

英国では 3 月 18 日からインターネットで予約受付が開始され 349 〜 449 €(45,600 〜55,600 円)という手頃な価格で販売される。

(SoC はそれぞれ A52 Snapdragon 732G、750G、720G。ストレージは地域毎に異なる)

A は "AWESOME" (英語で素晴らしい、最高、素敵など)を象徴し、カメラ、スクリーン、バッテリーなど様々な AWESOME が発表された。



あらゆる "AWESOME" が詰まった A シリーズ

まず驚くべき進化を遂げたのがカメラである。両モデルとも 4 眼カメラを搭載し、A52 は 6400 (広角)、1200 (超広角)、500 (マクロ)、500(深度測位)万画素レンズで構成される。

A72 は 6400(広角)、1200 (超広角)、800 (望遠)、500 (マクロ)万画素で、A シリーズとしては初の光学 3 倍ズーム、デジタル 30 倍ズームを搭載した。

何より強調されたのは OIS (OPTICAL IMAGE STABILIZATION)の搭載だ。

OIS は撮影時の揺れを Gyro センサーが検知してマイクロプロセッサーに情報を伝達する。同チップはカメラ・レンズがどれだけ動きを補正するか計算しカメラセンサーに伝達。

一連の流れでどんな写真やビデオもより鮮明で明るく、しかもブレずに撮影できるようになる。

また 3200 万画素のインカメラは Snapchat と連携した Funmode が用意され、デフォルトのカメラアプリで自分の顔を加工した楽しみが共有できるという。

 

Galaxy S シリーズに置き換わるか

ディスプレイにも注目したい。A52 および A72 はそれぞれ 6.5 inch 、6.7 inch Full HD+ 有機 EL を採用。

画面リフレッシュレート 90 Hz に 800 Units の明るさは晴れた天気でもハッキリ映るなど有機 EL の課題クリアにも期待がかかる。

(A52 5G モデルのみ 120 Hz のリフレッシュレートに対応)

また大画面を活用して XBOX PASS のプレイが可能。100 を超えるゲームをクラウドからダウンロードし、ドルビーステレオ・スピーカー音質で迫力あるサウンドが楽しめるなどミドルスペックを越えそうな勢いだ。

最大 2 日間を誇る 5000 mAh の大容量バッテリー、IP67 の防水、ドルビーステレオ・スピーカー、3 回の OS アップデートと最低 4 年間のセキュリティ更新など長期間の利用にも自信をもつ仕上がりとなっている。

この他にも One UI 3.1 による 360 ℃の音楽体験、iOS でいう  AirDrop のようなデータ転送機能、離れた仲間と 32 人まで同時接続できる Google Duo や写真共有など同じ空間をシェアする例がいくつも紹介された。

しかも日本円にして 4 〜 5 万円台の手頃感から、スマートフォンのトレンドが低価格なミドルスペックに移行するきっかけになるかもしれない。

詳しくは Galaxy UK (英語)を参照されたい。

Twitter をフォローする!@skyblue_1985jp



-未分類

Copyright© Skyblue , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.