ファーウェイに匹敵。OPPO FIND X2 Pro、ポートレート撮影と 60 倍ズームが最強レベル・・・

OPPO FIND X2 Pro を購入して 1 週間。相変わらずの悪天候で写真撮影テストが捗らないのだが、できる範囲でいろいろと試してみた。

その結果、ポートレート撮影と 60 倍ズームにおいて Huawei P40 Pro+ に匹敵する写真が撮れたので記録したい。



標準倍率で自然なポートレート撮影ができる

まず気に入ったのは優れたポートレート撮影だ。背景をボカして被写体を際立てる同撮影方法は 2 倍ズームで機能することがおおい。

しかも被写体から離れないと撮影効果が得られず、苦労した経験がある人も多いのではないだろうか。

そんな中 FIND X2 Pro は標準倍率(1倍)での撮影が可能で、自然なボケを調整しながらシャッターを下ろす事ができた。

なんとなく自然にボヤケている感じが OPPO の特徴で、ストローが潰れずに写っているのは好印象。

ちなみに Huawei P40 Pro+ で撮影した物がこちら。

ファーウェイも標準倍率での撮影が可能で、わりと強烈なボケを後から調整することも可能。

似たようなシチュエーションで恐縮だがもう 1 枚見てみよう。エクセルシオールカフェにてレモネード・ソーダを撮影。

まずは FIND X2 Pro から。ストローがボケていない点に注目したい。

(夏季限定、M サイズ税込 499 円。なかなか美味しいので行ってみた人は是非・・・)

そして同じ位置から P40 Pro+ で撮影。比べてみるとどんな印象だろうか。

きついボケが被写体を際立てているがストローがボヤケてしまった。FIND X2 Pro の方が肉眼にちかく、ファーウェイといい勝負と言えるだろう。

まだサンプル数が少ないので、梅雨明けしたら撮りためていく予定だ。

 

実用性の高い光学 10 倍ズーム

そしてもう一つ驚いたのが光学ズームの出来栄えだ。秋葉原方面から上野方面に向けて超広角、5 倍、10 倍を試した結果がこちら。

まずは超広角から。

5 倍ズーム

10 倍ズーム

超広角、標準、5倍、10倍がワンタップで切替可能で、そこから微調整して 6 倍とか 7 倍など好きな加減で調整できる。

(超広角から 60 倍ズームまで調整可能)

Nokia Lumia 1520 を彷彿とさせるダイヤルのような UI がとても使いやすい。 



60 倍ズームは P40 Pro+ に匹敵

そしてさらに凄いのは光学とデジタルを合わせた最大 60 倍ズームができること。

先ほど 5 倍、10 倍ズームを撮った位置から一気に 60 倍で撮影した画像がこちら。

1.2 km 先にも関わらず「芋まるごと」の文字はクッキリ映っているのがわかる。ちなみに同じ場所から P40 Pro+で撮影したのが次の画像だ。

(P40 Pro+ は晴れた日に撮影したので色味が明るい)

50 倍以上ともなれば三脚でもない限り撮影が難しいのだが FIND X2 Pro は手振れにつよく何度も取り直す必要がなかった。

いっぽう P40 Pro+ は手振れが物凄いので、これは何枚か撮影した中でもっともブレなかった物である。

 

最後に

まったくの敵なしと思われていたファーウェイに OPPO FIND X2 Pro がここまで健闘したのは興奮したし、Google を搭載したスマホとして活躍することは間違いない。

しかも au 版はグローバル仕様に近いにも関わらず 92,040 円(税込)と破格であり、前記事にかいたとおり 4 キャリアの周波数に対応している。

おサイフケータイがないのは悔やまれるが、au から本体だけ購入して好きな MVNO で運用しながらカメラ性能を存分にたのしむ使い方もあると思う。

梅雨が明けて行動範囲が広がったら、ぜひ夜景テストや動画撮影の比較にも挑戦していきたい。何かしら参考になれば幸いだ。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す