情報戦を制したい

Skyblue

MVNO/節約 OPPO リーク・ニュース・噂 料金的な話 日記・

楽天モバイルの OPPO Reno A 本体価格が判明。Dual SIM + Felica で 35,278 円(税抜)の超コスパ!!

更新日:

楽天モバイルが 10 月 1 日に発売する OPPO Reno A の本体価格が明らかになった。

税抜 35,278 円という低価格で既に同社 Web サイトでは予約が始まっている。また楽天市場店では本体のみ購入できる。

OPPO といえば 2018 年に日本に参入して勢いづいてきたが、その中でも同機種が特別なのは「ガラパゴス」と揶揄された日本向けにカスタマイズされているからだ。

今回はReno シリーズそして Reno A の何が凄いのか改めて整理したい。



OPPO Reno とは・・・

洗練されたカメラを謳う OPPO Reno は世界で大ヒットした OPPO 製品群の名前で、日本には最上位モデルの Reno 10x Zoom が投入されている。

( 中国深センにて撮影。5 月に訪問した際はまだ実機しか見られなかった)

デジタルズーム 60 倍を誇るバケモノ性能は P30 Pro のライバルとも言われファーウェイがグーグルと取引できなくなった際には大きく注目された。

(香港では Reno Z なる廉価版がリリースされるなど種類は多い)

そして楽天モバイルがリリースする Reno A は低価格ながら Dual SIM (DSDV)・防水・防塵にも対応。

(Snapdragon 710, ROM 128GB, RAM 6 GB 搭載の文句なしの高性能だ)

ここまでなら「ふーん」で話は終わるのだが強調したいのは「おサイフケータイ」が搭載されていること。

つまり「せっかく Dual SIM で 1 台持ちになったのに Felica のために別の携帯電話を持つのはいやだ」という人が待ちにまった待望のモデルなのだ。



本体単体でも入手可能

上述のように予約は始まっていて MNP・新規契約と機種変更は楽天モバイル Web サイトから申込みが可能だ。

(大型 6.4 インチはFull HD+ の有機EL を採用。169.5g とかなり軽量)

大手キャリアとしてのサービス本格化は来春にズレ込んだものの端末選びは顧客のニーズをしっかり掴んでいる。

また誰でも本体のみ購入できる「通信と端末の分離」に沿った販売方法は MVNO 時代に培ったノウハウの賜物だろう。

その第 1 弾となる Reno A は最初から顧客を驚かす格好の端末であるはずだ。

リンク:楽天モバイル

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



-MVNO/節約, OPPO, リーク・ニュース・噂, 料金的な話, 日記・

Copyright© Skyblue , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.