情報戦を制したい

Skyblue

5G 日記・ 検証記録

【検証】Mi 10 lite 5G で1.3 Gbps 越えを記録。「データ Max 5G」が超爆速!!

投稿日:

昨日レビューした Xiaomi Mi 10 Lite 5G をもって、5G を受信できる au Ueno に行ってきた。

前回、9 GB で制限がかかって 苦言を呈したが、今回はおおきな問題もなく検証できたので結果を記録したい。5G の可能性と課題について見えてきた。



下り 1.3 Gbps を記録・・・

au Ueno は 1F がカフェと Galaxy や Xperia といったスマートフォンが展示されるショールームの役割も果たしている。

(席にはコンセントがあるので、座りながらゆっくり検証できる)

この辺りには 5G が飛んでいて、購入した Mi 10 lite 5G を持ってスピードテストを実施する。すると、、、

300 Mbps でも高速なのに 1300 Mbps オーバーという大台を記録。何度かテストして得られた最高記録はつぎの通り。

Galaxy に SIM を入れ替えても 1100 Mbps は得られた。

実測値で 1100 ~ 1300 Mbps あれば、私達の生活がようやく変わってくるだろう。

では具体的にどんなメリットがあるのだろうか。その場でできることを検証したら、ここまでのワクワクが疑問符に変わることとなる。

 

2:50 秒で 2GB をダウンロード

まず行ったのが重いアプリのダウンロードだ。試しに 2GB の PUBG を落としてみることにした。1 Gbps 越えが保てれば数十秒と言われている。

(Wi-Fi 接続が推奨される環境であえてパケット通信でダウンロード)

開始から 50 秒で 31 % をダウンロード完了。はやまる時と遅くなる時があって、速度にムラがあるように思われた。

開始から 1分 55 秒で 69%、2 分 50 秒で 100 % に到達。「きっと超高速なのだろう」と満足していたのだが、一度アンインストールして今度は 4G 回線でダウンロード。

すると 4G でも同等の速度でダウンロードできてしまったのだ。そんな馬鹿なと思い Pixel 4a など他のスマートフォンの 4G 回線で試すも、結果には大きな差が見られない。

どういうことなのだろう。Play ストアではダウンロード速度に上限があるのか、それとも何かがボトルネックになっているのか。とにかく 1 Gbps の実力はこんなものではないはずだ。



テザリングでも 5G は難しい??

もう一つ試したのが「テザリング」。1 Gbps オーバーなら PC に流し込めるのではないだろうか。スピードが落ちたとしても数百 Mbps 出ると予想。

ところがまず大前提として Xiaomi Mi 10 lite 5G では「テザリング」に 5GHz がなく 2.4 GHz に固定されている。

Galaxy Note20 Ultra や P40 Pro+ など高額端末には用意されているものの、屋内であってもやはり強制的に 2.4 GHz での接続とった。

(別の端末で屋内にいても 5GHz 固定はじっしつできない)

そして実測値は 20 ~ 60 Mbps。テザリングは au が月に 30 GB までを上限にしていることもあって、難しいのかもしれない。

というわけで 1300 Mbps という超高速ダウンロードには成功したものの、それを普段の生活でどのように活かせるのか、まだよく掴めていない。

めげずに同じ場所でちがった角度から検証を繰り返し「きた!これが 5G だ!」といえるような検証結果がとれたらまたご報告したい。

そして au Ueno はカフェだけの利用が可能なので、東京上野にくることがあれば au 気軽に訪れてみよう。今のところよく環境の整った数少ない 5G スポットだ。

Twitter をフォローする!@skyblue_1985jp



-5G, 日記・, 検証記録

Copyright© Skyblue , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.