情報戦を制したい

Skyblue

未分類

【速報】SoftBank on LINE、正式名称「LINEMO(ラインモ)」に決定。3 月 17 日より 2,480 円(税抜)で提供へ。

投稿日:

2 月 18 日、ソフトバンクが新ブランド SoftBank on LINE の詳細を発表した。

まずは正式名称が LINEMO (ラインモ)に決定。LINE が持つシンプルで楽しいもの、ソフトバンクが作ってきた予想外の動き、驚きを「楽しいおどろいき」をキーワードに呼称されたという。

5G ネットワークに何ら遜色ないデータ通信基盤、eSIM とeKYC を導入した即日開通を強みとしたオンライン専用ブランド、LINE とのシナジーの 3 点を特徴とすることが強調されていた。

「LINE 通話がフリーだから無料通話要らない」という声がおおく、20 GB データメインで使う人には 2,480 円(税抜)の提供が発表された。

もちろん毎回 5 分間の通話定額、24 時間定額は別途用意されており必要に応じてオプションとして追加可能である。

また契約事務手数料、SIM カード再発行、MNP 転出手数料などは全て 0 円であることも発覚。

さらに他社との差別化要素として月額 240 円のLINEクリエイターズスタンプが 2021 年夏から使い放題になることが発表された。

700 万もの種類が用意されており、より楽しいコミュニケーションが可能となる。提供開始までは別途キャンペーンを検討中とのことだ。

もちろん送信パケットはカウントフリーであり 20 GB を減らさずに LINE アプリを利用できる。

このほか SIM カードは iOS と Android で互換性をもつとの情報も明らかになった。

速報レベルではあるが通話しない人向けに 2,480 円からの提供で KDDI と価格が並んだこと、誰もが使う LINE アプリのスタンプが使い放題というのは大きなポイントではないだろうか。

またこれによりドコモの "ahamo" も追随せざるを得ない状況になってきた。各社サービス開始は 3 月であることから、あと 1 〜 2 回の後出しジャンケンが見られるかもしれない。

Twitter をフォローする!@skyblue_1985jp



-未分類

Copyright© Skyblue , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.