情報戦を制したい

Skyblue

日記・ 検証記録

Galaxy S9+がDSDV(Dual SIM、Dual VoLTE)に対応、4G+4Gは2018年のトレンドになるか!?

投稿日:2018-03-28 更新日:

早いもので、筆者が初めてDSDS(Dual SIM、Dual Standby)スマホに触れたのは2016年の今頃。香港版Galaxy S7 Edgeがたまたま対応していた事に驚いたのを覚えているが、2年後ふたたび驚かされるとは思わなかった。

 

(片方が通信用4G、もう片方が音声待受用4G)

DSDSから1つ進歩した、Dual SIM、Dual VoLTE。一体どんな違いがあって、何の役に立つのかという話を書いていきたい。



①DSDVとDSDSの違い、実はとてもはシンプル

Snapdragon820からサポートされ始めたDSDS(4G+3G)。SIM1枚目をデータ通信SIM、2枚目を電話専用SIMにするなど、用途によってSIMを分けられるメリットがある。特徴としては「片方のSIMが4Gの場合、もう一方のSIMは確実に3Gになる」というもの。

(SIM1、2ともに4Gの選択が可能になっている)

だから3GになっているSIMに電話がかかってきた場合、VoLTEに対応していても3G回線の品質になってしまう。ここで期待されていたのがDSDV。どちらのSIMに電話がかかってこようが、呂方ともVoLTE(4G)通話が可能になる。Galaxy S9搭載のSnapdragon845がDSDVをサポートしている事が裏付けられた。

 

②DSDAとは違うので注意

4G+4Gといえば、「おお、両方のSIMで通信ができるのでは!?」と思われがちだが、正確には違う。DSDSと同様、データ通信できるのはSIM1枚目だけで、SIM2枚目はVoLTE(4G)で通話を待機しているだけになる。

 

両方のSIMでデータ通信できる状態をDual SIM Dual Activeと呼ぶ。これが国内で実現すれば4G onlyなauが大活躍できることになる。筆者もDSDAまでは見た事がない。

 

③2018年、日本のSIMフリー市場でも広がるか

日本で発売されるキャリア端末はシングルSIMのみとなるため、恐らく難しいだろう。もしもリリースされるとしたら、Snapdragon845を搭載するSIMフリー端末となる。思い当たるのはASUSのZenfone、Motorolaのフラッグシップ端末になるだろうか。

 

勢いの止まらないHuaweiは自社開発のKirinというチップセットを利用しているため、なかなか予測が難しい。ただ日本ではMate 10 Proで既にDSDVをサポートしており、現段階ではSoftBankのみ4G+4G(DSDV)が利用可能とのこと。

 

HuaweiがauやdocomoにもDSDVを解放すれば面白いし、他のメーカーとの差別化する十分な材料にもなるだろう。



最後に

早いもので4G(LTE)サービスが開始されて今年で丸8年になる。もうそろそろ5Gの話も出てきているだけに4G+4Gと言われても、わりと当たり前といえば当たり前なのかもしれない。

 

VoLTEでも3Gでも通話品質はどうでも良いという方もいるかもしれない。ただし、au SIMが圏外にならないという日本ならではのメリットがある。今後の展開に期待したい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp


-日記・, 検証記録

Copyright© Skyblue , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.