【検証】シンガポール版 Galaxy Fold の eSIM によるDual SIM 化を試す・・・

Galaxy Fold は基本的にシングル SIM 仕様になっていて、現時点ではシンガポールの 4G LTE 版のみ Dual SIM とされている。

しかし実際には物理 SIM  1 枚 eSIM 1 枚の構造になっており日本の大手 3 キャリアでは利用できない。

そこで香港キャリア契約の SIM を利用して Galaxy Fold の eSIM 書き込みを検証した。



eSIM プランに加入する

香港のキャリア Smartone には iPhone XS や Android スマートフォン、スマートウォッチ向けの eSIM サービスが存在している。

料金プランのギガを共有できる便利な仕組みで月額約 250 円。自分のプランも対応していたためネットから即契約した。

ここからは簡単で、約情報の入った QR コードを画面から発行する。

そして Galaxy Fold 側では QR コードを読み取って「料金プランに追加しますか?」の質問に「はい」で答える。

するとソフトウェアで書き込まれて有効化され無事に Dual SIM になったと思い一瞬しぬほど喜んだ。

ところがアンテナが 2 つ立っているのに通信ができない。再起動したり eSIM の再書き込みを試すもうまくいかない。

注意事項をよく読んだところ香港の外で通信できる eSIM はスマートウォッチのみという制限があったのだ。

従って Galaxy Watch などの eSIM なら日本でも動作するようなので機会があれば是非試してみたい。



最後に

というわけで通信ができずに終わってしまったが海外キャリアの eSIM を使った Dual SIM 化には少し光が見えてきたように思われる。

繰り返すが Dual SIM は現時点でシンガポールモデルのみとなっていて恐らく 5G モデルが出ない国で採用されるだろう。

しかし日本では au から出るという噂があるがどうなったのだろうか。出たとしても 5G はおろか eSIM も潰されるような気がするが・・・(汗)

そういえば日本の Galaxy Fold ページから動画が削除されたなどの噂があって、販売中止になった説も出てきているが、ぜひ国内でのリリースも期待したい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す