SIMフリー時代に逆行するソフトバンク、知っておきたい SIM の種類と判別方法

MVNO がようやく 20% まで普及して、自分で SIM の設定をする人も増えてきた。

ところが SIM フリー時代に逆行しているのがソフトバンクで、スマートフォン向けは筆者が把握する限り 3 種類存在している。

今回はその 3 種類の SIM カードがどんな端末で利用できるのか、どんな場面で利用できないのかまとめたい。



万能タイプの iPhone SIM 

まずは iPhone (5 以降)の nano SIM に触れておきたい。

2012 年~ 2017 年頃までは色の黒い nano SIM カードが採用されていた。

ところが2018 年頃から白くなり現在は Softbank 表記の下に (C1) とか (C2) と表記されるようになっている。

この SIM を持っている人はソフトバンク(SIMフリー含む)  iPhone に挿入するだけで利用できることを覚えておこう。

SIMフリー Android でも不自由なく利用できるが、SIMを挿入したあとに以下の APN を入力しなければならない。

APN名:任意

APN:jpspir

User名:sirobit

password : amstkoi

認証方式:PAP または CHAP

上記の APN はソフトバンク非公式でありながら、暗黙の了解でじつに多くの人が使っている。

ただしソフトバンク Android に挿入する場合は端末を SIM ロック解除しないと利用できないことを覚えておこう。



もっとも不便な Android SIM 

さてここで冒頭の画像をもう一度みてみよう。真ん中の Softbank NFC と書かれた SIM が Android 用カードだ。

これは同社の Android スマートフォン同士でしか互換性がなく、SIM フリースマートフォンに入れても通話しかできない。

言い換えればソフトバンクで最も不便で使い勝手が悪い SIM カードである。

(例えば G8X の SIM も自由に使い回すことができない)

もしどうしても SIM フリースマホで利用したい場合は、後述するプリペイド用 SIM に交換してもらおう。

ちなみにその SIM の交換に関しては、ソフトバンク直営店でない限り受け付けてもらえない場合が多いと聞いている。

 

わりと万能なレンタル向けSIM

そして 3 つ目が写真左の Softbank (F) SIM で、かつてプリペイドスマホなどに利用されていたものだ。

これは APN がソフトバンク公式で公開されていて、SIM フリー端末であれば基本的に何でも利用可能。

現在ではソフトバンク大容量 SIM のレンタル業者が利用していて、たまにご紹介する iVideo レンタル SIM もこのタイプである。

IMEI 制限がないので基本的には優秀だが、iPhone や iPad でテザリングができない点だけが惜しい。

 

最後に

というわけでソフトバンクにはスマートフォン向け SIM が主に 3 つ用意されている。

SIMカードの Softbank ロゴと表記されている文字で何の SIM であるか判断し、それぞれの特徴を知っておくといいだろう。

もし現在利用している SIM が iPhone 向けであれば汎用性バッチリであるが、Android 用 SIM の人はプリペイド用に交換してもらうか MNP で他社に乗り換える方が手っ取り早いかもしれない。

あまり需要のない記事かもしれないが、なにか困った時に参照して頂ければ幸いだ

そして総務省はぜひこの IMEI 制限にもメスを入れて欲しい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す