一括0円を探せ!月額3,856円で無制限+LTEエリア(7GB)無料の au WiMAX2+が熱い!!

今月入手したau iPhone8 64GBの一括0円案件、正直に話すと下取り以外にWiMAX2+の契約が条件となっていた。「なんだ、それはやめておこう」と思ったのだが、約2,8000円の本体代金を一括0円にすると言われて顔色が変わる筆者。

 

36ヶ月の利用が想定され、毎月780円ほどの割引が付くのだが、「一括0円」+「固定代替」という条件が重なると非常に素敵な事になるので参考になればと思う。



①月額維持費3,856円、プラスエリア利用料金0円!

Broad WiMAXだったり、GMOとくとく割など、店舗で契約するよりも月額維持費の安いWiMAX2+がネット上に転がっている。しかし恐らくだが、筆者の契約した固定代替は負けないくらい安い。4ヶ月以降もずっと同じ価格なのだ。

(見にくいが興味ある方は拡大してご覧いただきたい)

ルーター代金が一括0円になることで毎月780円の割引が入る。すると維持費が3,856円になるのだ。固定代替契約のため、割引が終了しても4,292円で利用できる。

 

②スマートバリューmineの強み、LTEエリア 7GBが無料に!

スマホとルーターをセット契約するとスマートバリューmineというスマホ側が割り引かれる仕組み。昔はLTEエリア7GBオプション(1,005円)を払う必要があったが、最近は割引が強化されて1,005円が無料になった。

(プラスエリアに対応していない製品もあるので注意したい)

「あぁ、どうしても電波が入らない」というときに「ハイスピードプラスエリア」モードに切り替えれば通常のLTE電波に切り替わり地下、山間部、屋内で快適に利用できる。

 

③持ち運べるという最大のメリット

実は円柱形のルーター、L01、L01sを契約すれば更に安くなるのだが、使える場所が屋内に限られるのと、SIMをルーターで使い回すことができないため敢えて避けた。

 

逆にL01が良ければ中古で買ってきて挿入すれば家用として利用できる。そして次回書くことにするが、諸事情でルーターにはW04を選定。



最後に

ところで、今回は固定代替という契約になっている。auひかりが届かない場所に住んでいる場合、代わりにルーターの割引を強化してくれるもの。そのため事務手数料が無料、更に24ヶ月間の割引が終了しても、永年4292円で利用できる。

 

消費税がまだ5%だった頃、完全使い放題が3,880円だった。使い勝手が良ければ家の固定回線代わりにするつもりなので、色々と調査していきたい。

次回予告:「できればw05の契約は避けたい話」

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

コメントを残す