6月のau iPhone8 64GB 一括0円案件、なかなか条件が厳しい話・・・①喪明け編

今年のお正月、ヨドバシアキバでiPhone8 64GBを一括契約で大幅値引きしてもらった記事を覚えているだろうか。その後、2月にHuawei nova2を機種変更で購入したり、不要な回線を解約していたら知らぬ間にauのブラックリスト(以下BL)に入ってしまった。

 

これは恥ずかしいので黙っていたのだが、どうなったらBLになって、どれくらいで明けたのか。そして今月のiPhone8 一括0円案件の状況に関して、何度かに分けてレポートしたい。



①恐らく1月に回線を複数解約したのが原因

あくまでauに関する話なのだが、一度契約した回線を122日※以内に解約すると「短期解約」とみなされる。1台だけならまだしも、2台、3台と同時に続けて解約すれば「この人は長く使うつもりがない」とみなされ、次の審査で落ちることになってしまう。

※122日と厳密に定められているわけではない。

1月にWiMAX2+ルーター、iPhone8 64GB 2台を契約した筆者は、同月末に既に所有していた回線2台に加え、タブレット1台を解約。後に気づくことになるのだが、「122日経過したつもりが、実際には122日経っておらずBL入りの原因となった」らしい。

 

②BLが解除されるにも122日

ところがauは懐が広い。たった4ヶ月待てば許してくれるのだ。2月1日からBL入りしたとすると、解除される122日というのは6月上旬。そう、「今日ならばいける」と確信して契約してきたのがau iPhone8 64GB、夢のプロダクトレッド(汗)

 

3月の年度末商戦が最も安く、お得に入手できたはずなのだが如何せん自業自得、BLしていた筆者は見事に審査落ちしていた。(逆に3月に初めて自分のBL入りを知った)



最後に

これがdocomoやSoftBankだと2年くらいは許して貰えないので辛い。一度一括0円などで手に入ると「次も近いうちに追加で欲しい」と誰もが思うだろう。しかし、そううまくいかないのが面白い。

 

さて、梅雨入りと同時に喪明けした筆者のau回線。次回から下取りの実態とタイトルの本題に入っていきたい。

次回:6月のau iPhone8 64GB 一括0円案件、なかなか条件が厳しい話②~下取りはXperiaを探せ編~

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

 

 

6月のau iPhone8 64GB 一括0円案件、なかなか条件が厳しい話・・・①喪明け編」への3件のフィードバック

  1. うこ

    いつも参考になる記事ありがとうございます。
    auへの乗り換えを迷っています、現在維持費はやはり7.8千円はするのでしょうか?
    もうすこし維持費が安ければ契約したいのですが。

    返信
    1. skyblue625 投稿作成者

      コメントありがとうございます。去年からauはピタットプランという、最初の1年は1980円から持てるプランを推奨してますね。
      もしもWi-Fiを活用して毎月の通信量を1GB以下にできる環境をお持ちなら、2年間安く持てますね!

      返信

コメントを残す