Antutuベンチ28万点越え、RAM8GBのバケモノ、FOMAにも対応のOPPO FIND Xをレビュー!!④

レビューポイントが非常に多いOPPO FIND X、早くも4回目の記事となる。今回は至ってシンプルにスペックの話や使い勝手、その他の検証結果を書いていこうと思う。予想以上に使いやすくて暫く手放せそうにない。

(参照記事:iPhoneXより高速!!顔認証のたびに毎回カメラが飛び出すOPPO Find X、凄すぎてワロタwww



①なかなかのバケモノ、Antutuは実質28万点!

まずベンチマークの結果からお伝えすると、そのスコア実に289933点(何度か繰り返した最高値)。Snapdragon845を搭載した機種はGalaxy S9+、Zenfone5Zと2機種購入したが、どちらもほぼ26万点だった。

この時点で既に驚異的なのだが、RAM8GBの影響かFIND Xは更に2万点を上回る結果に。この端末を使ってできない作業なんてあるのだろうか。連日の猛暑の中で利用しても発熱は特に気にならない。

 

②FOMA運用、プラスエリアにも対応

技適がないので、SIMを用いた通信は全く保証できず自己責任となるが、筆者が検証した限りではFOMA SIMを用いた運用ができる。それだけではない、FOMAプラスエリアにまで対応しているではないか。電子レンジに入れて検証済み

(iPhone並に実に様々な周波数に対応しており、世界のどの国でも使えるはず)

FIND Xにはグローバルレベルのアンテナが備わっており、日本のドコモが利用するBand 19にすら対応している。ちなみに、Band18、26はauが利用している周波数だが、au VoLTEに関しては一瞬KDDIと表示が出た後に圏外になり利用不可。VoLTEもなぜかオフにされている。

 

③何気に申し分なさすぎる最強スペック

公式Webから引用した物だが、RAM8GBはもちろん、AIカメラ搭載。メインカメラはP20 Proに及ばないものの、申し分ないデュアルレンズ構成。フロントカメラは2500万画素と抜け目ない。

(公式Webサイトから引用。ハイライトは上記6項目)

AppleのAnimojiのような3D Omojiという物もあり、iPhoneXを目の敵にしている感が否めない。ディスプレイは以前も書いた通り6.42inchとXperia Z Ultra難民の方はびくんと反応しそうな大きさだ。



最後に

では抜けている物は何か!?と言われれば、防水とNFC。ただFelicaが使えるわけではないので筆者は特に気にしていない。もしかしたら、QRコードさえあれば決済ができる中国社会の影響が大きいのだろうか。

 

とにもかくにも、ここまで不安や不満がない端末は非常に珍しい。ディスプレイ部分が湾曲しているため、例のごとく保護フィルムは見つけにくいはずなのだが、最初から貼られているフィルムがしっかりしているため、特別買う必要はない。まだまだ書きたりないのだが、今日はここまで。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp

 

Antutuベンチ28万点越え、RAM8GBのバケモノ、FOMAにも対応のOPPO FIND Xをレビュー!!④」への2件のフィードバック

  1. pai (@PaiPaily)

    おたずねです
    外カメラの起動に時間がかかるというレビューと動画を別のところで見ましたが 筆者さんの端末でもそうでしょうか?

    返信
    1. skyblue625 投稿作成者

      コメントありがとうございます。そうですね、やはりギミックがあるので一般的なハイエンドスマホと比較してしまうと若干ラグがありますが、仕様上仕方ないかなと思っています(笑)

      ただ、かなり実用性を意識されているので、今の所困ったことはありませんね。また色々と検証してみます。

      返信

コメントを残す