au 総合的判断から一転、開通へ。厳しくなった審査に迫る・・・

2月中旬から au の審査が厳しくなり、契約できない人が相次いだ。かくいう筆者もその1人で、半ば諦めかけていた。

(2台行きたかったが、欲をかくとダメと思い iPhone XR 1台で挑戦)

 

絶望の日々が続く中、久しぶりに開通。ハッキリとした原因は不明だが、一つの記録として経緯を書きたい。

(関連記事:au審査、どこまで厳しくなったのか。解約、シングル化、MNP、全てを即日試した結果・・・



①直近 90 日間 6 回線まで説が濃厚・・・

実はここ最近、諸先輩方の間で「直近の 90 日間で、6 回線 PI (転入)があると総合的判断になる」という仮説が出回っていた。筆者の状況は以下の通り。

12月18日 2回線PI

12月28日   2回線PI

1月16日  2回線PI

なんと、見事に90日以内に6回線契約している。仮説どおりなら本日(3月18日)で12月18日の2回線分があくため、転入を試したところ無事に開通

(12月18日から今日で91日目を迎える)

 

ちなみにこの間、シングル化は1月~2月に何度か実行しており、データ回線(長期)も2月に1つ解約している。譲渡などは一切していない。

 

②審査時間がとてもながい・・・

ただし、審査時間の長さが気になった。普段ならスタッフが契約情報を登録し、審査入りすると数分で通過する。しかし、今日は結果が出ないまま15分は経過していた。

 

「あれ?」という違和感にショップのお姉さんが焦りだす。やはり、センター側で何かを慎重に見ているのだろうか。実際、仮説どおりに行かず審査落ちする人もいるようだ。



最後に

これで一つ腑に落ちた。先月、利用者登録したにも関わらず審査落ちしたのは、直近で計 6 の転入履歴があったからと言えそうだ。月日の経過で自然と枠があく結果となった。

 

久しぶりの審査基準に戸惑ったが、この法則を導き出した「ふぃなんしぇ」氏(@koji_katsu7)は、多大なる感謝を申し上げたい。個人的な記録だが、何かしらの参考になれば幸いだ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



au 総合的判断から一転、開通へ。厳しくなった審査に迫る・・・」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【東日本】au新規・買増一括情報★86

コメントを残す