何時間使えるの!?Palm Phone バッテリー持ちを検証した結果・・・

昨日、日本での販売が始まった Palm Phone だが、バッテリーの持ちが悪いという声が聞こえてくる。

それもそのはず。 2 ~ 3 日持続するスマートフォンには約 4000 mAh のバッテリーを搭載するが Palm Phone は 800 mAh しかない。

 ふつうに利用する上では、理論上 9.6 ~ 14 時間しか持たないことになる。

以上のことを念頭に、どれだけバッテリーが持つかを検証していきたい。



①まずは検証環境を整える

まず、バッテリー消耗の大きい「ディスプレイ輝度調整」をオフにする。

(ここがオンのままだと、どんなスマホでも消費が激しくなる)

さらに「バッテリー Mix」アプリをインストールしよう。

(かれこれ 7 年くらい使っている、バッテリー検証アプリ)

ドコモ SIM を入れ、100% まで充電したら運用開始。

(昨日 25 日、17時 10 分から 4G 運用をスタートさせた)

 

②たまに「触る」程度に使っていく

では、どんな使い方をしたかと言えば、別記事で紹介した LINE Pay やヨドバシカメラでの買い物がひとつ。

さらに、カフェから試しにツイートしてみたり、Yahoo!ニュースのチェックなど、本当に「たまに触る」程度で使ってみた。

 

(Palm Phone で Twitter 投稿は非常にかんたん)

(なかなか読みやすく、文字はもう少し大きくできる)

 

② 24 時間後には 38 % 残る

では途中経過をみていこう。検証開始から 5 時間 25 分で、78% まで低下。

「位置情報」がオンになっていたので、オフにして寝ることに。

翌朝チェックすると、66%まで減っていた。この間、何も触っていないのに 12% 減っているのが気になるところ。

今後、防ぐ手段はないか探っていきたい。さて、2 日目にも同じように使い検証開始から 24 時間を迎える。

38% 残っていた。というわけで、あまり触らなければ余裕で 24 時間以上もたせることはできる。



最後に

Palm Phone は、「日々のスマホ疲れから解放される」コンセプトを元に設計、リリースされた。

従って、完全な Android OS を搭載するも「触り続ける」ことは想定されていないのだろう。

それでも持ち時間が長いに越したことはない。どうすればより長持ちするか、これから追究していきたい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



コメントを残す