情報戦を制したい

Skyblue

OPPO 料金的な話 日記・ 秋葉原レポート

【大量入荷】OPPO Reno3 A SIMフリー、未使用品が 21,800 円(税込)の特価

投稿日:

お正月からヨドバシカメラで続く OPPO Reno A 一括 1 円が白ロム市場に流れ、秋葉原では未使用品価格がついに 18,980 円(税込)の底値を記録した。

販売を確認できたのは「じゃんぱら」秋葉原 5 号店および同社通販サイトで、1 月 29 日 15:00 時点での在庫数は 100 台を越えている。

同製品はヨドバシ・ドット・コムでは 29,800 円(税込)で、店頭に来ないと安く買えない状態となっている。

白ロム相場が 20,000 円以下に落ち着けばヨドバシカメラに来店できない人でも安価に買えるだろう。



後継機種の Reno3 A が 21,800 円(税込)

また中古 PC・ケータイを扱う「イオシス」では後継モデルの OPPO Reno3 A のワイモバイル版の未使用品が 21,800 円(税込)にて大量入荷している。

OPPO Reno3 A は Snapdragon 665、ROM 128 GB、RAM 6 GB 搭載のミドルスペックで 4800 + 800 + 200 + 200 万画素の 4 眼カメラを備えた低価格モデル。

超広角、標準、ウルトラナイトモードなど様々な機能が用意され、撮影品質は Reno A と比べて大きく改善された。

(OPPO Reno3 A で撮影した JR 御茶ノ水駅周辺)

Felica(おサイフケータイ)、NFC、Wi-Fi a/b/g/n/ac、防水・防塵、顔認証、画面内指紋認証、3.5mm ジャック、Android 10 等に対応。

6.44 インチの有機 EL ディスプレイは充分すぎる程美しく、画面内の指紋認証は実用レベルで使いやすい。

ネットワークはワイモバイルのほかドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルを網羅しており海外でも幅広く活用できる。

OPPO Reno3 A は筆者もしばらく使ったが「低価格でもカメラを重視したい、しかもおサイフケータイが欲しい」という人に向いており、21,800 円(税込)ならば相場から見ても数千円安い。

逆にカメラよりも Dual SIM とおサイフケータイを重視したい人は OPPO Reno A が向いているだろう。筆者調べでは 2 機種とも底値のため、参考になれば幸いだ。

リンク:じゃんぱら    イオシス

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



-OPPO, 料金的な話, 日記・, 秋葉原レポート

Copyright© Skyblue , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.