情報戦を制したい

Skyblue

5G 料金的な話 日記・

au Online Shop、Google Pixel5 を 65,575 円に値下げ。機種変更で 5,000 円キャッシュバック!

投稿日:

au Online Shop にて Google Pixel5 が値下がりしている。

価格は 65,575 円で 2020 年 10 月 15 日のリリース時点から 14,360 円安くなった。

新規・MNP 契約を検討中の人はさらに 22,000 円割引、既存 au 4G ユーザーなら 5G に契約変更を伴うことで 5,000 円のキャッシュバックが受けられる。

(店頭で購入する場合は 5,000 円の値引。オンラインだとキャッシュバックなので微妙に内容が異なっている)

ちなみに Google 直販価格は 74,800 円であることから、au ショップで本体単体で購入しても新品としては最安値となる。



2020 年度のグーグル旗艦モデル

Google Pixel5 は Snapdragon 765G、ROM 128 GB、RAM 8 GB 搭載のミドルスペックで、6 inch の有機 EL ディスプレイ(Full HD+)を採用する。

1220 + 1600 万画素の 2 眼カメラ、800 万画素インカメラ、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Felica(おサイフケータイ)、NFC、指紋認証、4,000 mAh バッテリー、nano SIM + eSIM のDSDV、ワイヤレス充電、Android 11 等に対応。

わずか 151g の軽量ボディはとても取り回しやすく背面指紋認証のおかげでマスクをしながらのロック解除も簡単だ。

さらに 2020 年から「5G」にも対応し、日本国内ではドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル UN-LIMIT 全キャリアの 5G ネットワークを網羅する。(楽天モバイルは要アップデート)

(東京新宿でスピードテスト。場所によっては 1 Gbps を超える)

エリアはまだまだ狭いのだが如何せん Pixel は 2 回の OS アップデートと 3 年間のセキュリティ更新が約束されている。

5G エリアが拡大された 1 〜 2 年先には Android OS 12、13 が降ってきて今よりも実用性の高い 1 台になるだろう。せっかく値下げされたタイミングであり、ながく使いたい人は購入のチャンスかもしれない。

(カラーは Sorta Sage、Just Black の 2 色展開)



SIMカードの相性には注意が必要

ところで Google Pixel 5 は au のほかソフトバンク、Google 直販モデルの 3 種類が存在しているが SIM ロックの有無をのぞけば仕様はすべて同じである。

だからこそ SIM カードの相性も注意すべき点であり、本体だけ買ってくればすぐ使えるとは限らない。

以下の画像は筆者が検証した各キャリア SIM カードの挙動だ。

ドコモに関しては 5G(ahamo含む)、Xi、MVNO などすべて問題ない。注意したいのは au 4G SIM が一切使えないこと。

サブブランドの UQ モバイルや au MVNO 4G 回線は利用可能なだけに混乱しないようにしたい。

またソフトバンク系はテザリングが厄介だ。iPhone に挿入されている SIM カードで APN 設定すれば VoLTE 通話・SMS・4G/5G データ通信は問題なく使えるものの「テザリング」だけが動かない。

また SIMフリースマートフォン向けの Android SIM カードも同様で、とにかく Pixel 専用契約をするかワイモバイルに変更する以外の突破方法は見つかっていない。(LINEMO は未検証)

もし Pixel5(4a 5G)を検討している人がいたら参考になれば幸いだ。

リンク:au Online Shop

Twitter をフォローする!@skyblue_1985jp



-5G, 料金的な話, 日記・

Copyright© Skyblue , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.