情報戦を制したい

Skyblue

未分類

住信SBIネット銀行、他行振込手数料を「88円」に改定へ。auじぶん銀行に対抗か・・・

投稿日:

インターネットバンキングの住信SBIネット銀行は10月1日より他行振込手数料を88円(現在157円)に引き下げる。

振込手数料をめぐっては「auじぶん銀行」が99円の改定を発表したばかり。それを11円下回るのだから破格である。



ATM手数料が誰でも月2回無料

住信SBIネット銀行はATM利用手数料が月2回、他行振込手数料が月1回まで無料全国のセブン銀行、ローソン銀行、AEON銀行などで預金残高0円でも適用される。

さらにアプリ内で本人認証(スマート認証NEO)を実施するとランクアップして月5回までATM手数料、他行振込手数料が無料になる。(月1回の認証でOK)

つまり毎月1回のアプリ認証でランク2をキープするばかりか「給与振込口座」に指定するなど条件が重なればランク3にアップする。

これらを駆使すれば銀行の各種手数料から解放されるだろう。ローソン銀行、セブン銀行ではQRコードで取引開始するからキャッシュカードが不要。これは「auじぶん銀行」と同じ仕組みで、他行の追随も期待される。

 

KDDIや楽天の台頭を意識か・・

話は少し逸れるが住信SBIネット銀行は「SBI証券」との連携目的で開設されることも多い。

お金を増やすには「預金」から「投資」というトレンドを背景に、最近ではクレジットカードで積立投信を支払いポイントを貯めるシステムを導入した。

(ネット証券ではシェア1位の楽天証券)

というのもいま楽天証券が凄まじい勢いで成長しており、ネット証券1位の座が危ぶまれつつある。

背景には楽天カード、楽天証券、楽天モバイル等を複数利用することで多くのポイントを貯める「楽天SPUプログラム」を活用する人の増加、米国株式人気があるという。

右をみれば楽天、左をみればKDDIグループなど携帯電話キャリアが金融業界に進出してきたことで、SBIグループはさまざまなサービスや対抗策を出してくるかもしれない。

振込手数料88円への引き下げはその一つとみて間違いないだろう。

リンク:プレスリリース

関連記事:auじぶん銀行、他行振込手数料を「99円」に改定へ。持っておきたい理由を解説

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



-未分類

Copyright© Skyblue , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.