情報戦を制したい

Skyblue

料金的な話 日記・

SoftBank、10月31日でスマ放題の受付を終了。実質的な値上げに拍車か!?・・・

投稿日:

導入されてからまだ歴史の浅い、スマ放題というプランがある。実は筆者もメイン回線がこのプランなのだが、1、2、5、20などギガ容量を自由に選択できる。

 

通話し放題ライト:1,700円

ウェブ接続料金:300円

パケット定額5GB:5,000円

計7,000円

 

実際には約2,619円しか請求されていないのだが、こうした圧倒的な安い持ち方ができるのは月月割があってこそ。来月から月月割が事実上なくなってしまうのだ。



①月月割が事実上の廃止、単身は割高に

月月割という毎月の割引はスマホを契約すると1,000~3,000円ほど付与される。分割でも付与されるが、iPhoneなどの本体を一括0円で契約し、更に月月割も付与される買い方は、少し詳しい人から見れば自然のことだった。

(冒頭で紹介した筆者の回線の内訳。本来7,000円するが、色んな割引が入り2,619円で維持している)

しかし8月に発表された動画SNS放題では月月割の概念が廃止されており、現行のスマ放題プランも今月末を持って受付が終了となる。つまり端末を安く一括で購入し、毎月の料金を大幅に下げる方法が事実上なくなる。

 

②家族4人でも機種変更が重荷に

4人いれば最低3,480円から持てると謳う動画SNSプランが、これからの主力プランになるようだが、大きな問題を抱えている。端末を購入しても月月割がないため、本体価格が非常に高くなるのだ。

(家族4人、機種購入済み、Softbank光という条件が揃った時、1年だけ適用される値段)

 

例えば家族の1人でも新しいiPhoneが欲しいとなれば、10万円はくだらない。仮に10万として24回で分割すると、4,166円が上乗せされる。せっかく家族割で安くなったのに分割でiPhoneを買えば結局、維持費の合計は7,000円を越えてくる。

 

しかも1年後には1,000円高くなり、話し放題を追加すれば最安でも9,000円に昇る。確かに家族が多ければ安く見えるかもしれないが、月月割が無くなったからには端末負担金額が割高になる。だから誤魔化すために、48分割が導入されたのではないだろうか。



最後に

家にSoftBankの光回線がなくとも、月月割を活かすことである程度安く維持できたのだが、この半年で一気に改悪され、もはや単身で持つ事がお勧めできないキャリアとなりつつある。

 

auはかろうじて毎月割の効くプランを残したり、家族数に関係のない割引を導入しているが、今回のSoftBankはきつい。ある程度の顧客をY!mobileへ誘導できるかもしれないが、SoftBank離れはある程度起こるのではないだろうか。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



-料金的な話, 日記・

Copyright© Skyblue , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.