情報戦を制したい

Skyblue

日記・ 未分類 検証記録

冬春モデルのダークホースか!?LG V30+(LGV35)をクイックレビュー!!

投稿日:2018-01-15 更新日:

2017年はとにかく「ベゼルレス・スマホ」な年だった。日本でもGalaxy S8が大ヒットし、AppleもiPhoneXをリリースしたことで、しばらくベゼルレスブームは続くのかもしれない。

 

筆者もS8、Note8、iPhoneXと一通り買ったのだが「縦長すぎて、どうもあまり感動できない」というのが正直な感想だった。それをいい意味で壊してくれたのがLG V30+。



①忘れられた横幅と軽さ

LG V30+を手にとってまず思うのが「横幅がしっかりしている」という点。iPhoneXやGalaxy Note8にはなかった感覚。初めて持つや否や「これだ、ベゼルレスに欠けてた感覚は!」と口にしたくなるほどの小さな感動。

(au版はいつも通りLGとのコラボである isai のマークが)

更にエッジではないフラットなディスプレイにも注目したい。これは湾曲ディスプレイを苦手とする人に朗報だろう。

更に言うと本体が158gと非常に軽い。ケースなどを装着すれば若干重くなるにせよ、6inchのハイエンドスマホで150g台は十分な合格点だろう。

 

②ついに搭載された有機ELディスプレイ、これは賛否両論か

そして話題の1つの有機ELディスプレイ。これは賛否両論が激しいだろう。これも率直な感想だが「Galaxy S8やiPhoneXの方がキレイかな?」と感じる。

 

SamsungがGalaxyで培った結果なのか、それとも個人の好みによる物なのか。クッキリ鮮やかな事に変わりはないのだが、GalaxyやiPhoneの有機ELとは何かが違う感覚。

(iPhoneXやNote8とは何かが違う。説明しろと言われても難しいのだが)

しかし幸いにもRGBが自由に設定できる仕組みになっており、自分好みに調整できるのは素晴らしい配慮だ。ベゼルレスにしてよかったと思える大事な要素だと思った。

 

③珍しくキャリアの手が加わってないスマホ

キャリアモデルと言えば無用アプリ。LGV35ではこれらを隠すことが可能で、ディスプレイがキレイにできる。更にLGのプリインアプリなども今回は皆無に等しい。

(プリイン以外にも「電話アプリ」など重要なものすら非表示にできる)

(何の変哲もないホーム画面、プリインアプリが一切ない理想郷)

カメラや音楽は凝っているが余計なアプリなしで楽しめてしまう。さっぱりしたUIが好きという方にはピッタリの一台ではないだろうか。



ここまでのまとめ

ベゼルレス・スマホといえば「横幅が狭い」という印象が大きく、Xiaomi Mi Mix以来あまり楽しめずにいた。ただLG V30+にはしっかりとした横幅がある。

 

エッジなしのディスプレイが懐かしく、そして軽い。キャリアのプリインアプリは非表示にできるし、LGアプリは皆無に等しい。よって第一印象は全く文句の付けようがない。

 

次回はカメラや生体認証、惜しい点に触れていきたい。続きはこちら

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



-日記・, 未分類, 検証記録

Copyright© Skyblue , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.