情報戦を制したい

Skyblue

Apple系 検証記録 秋葉原レポート

iPhone12 mini 落として修理に「5万円」。やっぱり保険は入っておこう【教訓】

投稿日:

あやうく発狂しそうだった事を日記として書いておきたい。

先月にiPhone13 Proを購入した筆者はiPhone12 miniの売却を検討していた。買取に出せば、実質8万円で買える算段を立てたのだ。

データのバックアップを取って本体ケースから外す。元箱に戻そうとすると、、、

大きな傷が入っていた。。。



「割れ」はジャンク扱い

保護ガラスとケースで運用していたため買取価格は勝手ながら49,000円を見込んでいた。だが買取ショップ(イオシス)に持ち込むと「難ありで1万円ですね」と言われてしまう。

(中古Aランクなら49,000円で買取してくれる)

本体は擦れ、傷、使用感によって総合的に査定されるのだが「割れ」の判定はどのショップでも厳しくジャンク扱いは覆せない。

自分が悪いので諦めるしかない。だが修理すれば高くなると思いアップルのクイックガレージに持っていく。そこでまた驚愕の事実。

打ちどころが悪かったのか「部品交換不可」と認定され本体を交換するしかないらしい。その費用が約5万円でもはや新しい物を買った方が早い位でびっくりした。

そこでふと思ったのが「保険に入っておけば良かったな」ということ。1年落ちのiPhoneはまだまだ人気と需要が高いから買取価格も高いのだ。

 

ワイヤレスゲートに救われる

一旦は途方にくれたものの、毎月クレカに請求される「ワイヤレスゲート」があったのを思い出した。これはヨドバシでスマホを買った時に加入した端末補償。

(年に1回、修理費用5万円まで負担してくれる。掛け金は月額870円)

何の端末補償か調べてみるとiPhone12 miniであることが発覚(ノД`)シクシク

(MNPで一括72,302円で購入。1年間約23,000円で使えたことになる)

もはや奇跡。11月14日の購入日、たまたまヨドバシカメラの補償に加入していたのだった。よく読んでみると年に1回5万円までの修理費用を負担してくれる。改めて修理を依頼した結果51,480円。

(実質負担金額はわずか1,480円に)

ヨドバシカメラのクイックガレージに依頼。予約していたため20分で新品交換となった。

バッテリーも100%の完全な新品。これで文句なしの満額買取になるはずだ。



下取りに出す人は保険必須

保険に入るメリット・デメリットは人それぞれ色んな解釈があるだろう。筆者は「取り扱いに注意すれば保険なしで大丈夫」というスタンスなのだが、今回ばかりは教訓を得た。。

趣味や仕事で毎年iPhoneを買い換える人で、1年後に下取りに出す人は保証に入った方がいい。1年落ちのiPhoneはまだまだ買取価格が非常に高いからだ。

(画像はiPhone13 Pro。かくして毎年iPhoneを買い替えている)

新しいiPhoneを少しでも安く買うには避けて通れない下取り。その計画が台無しになると出費の予定もかなり狂ってしまう。

そうした心配が月額1,000円前後で済むのなら入っておいた方がいいだろう。全国各地に正規代理店や修理登録事業者があってAndroidでは考えられない程にすぐ対応してもらえる。

もちろん4年以上使うとか壊れるまで使う人は不要だろう。そして保険の種類もじつに様々なのでこれからiPhoneを買う人はぜひ保険について考えてみて頂きたい。

Twitterをフォローする!@skyblue_1985jp



-Apple系, 検証記録, 秋葉原レポート

Copyright© Skyblue , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.