情報戦を制したい

Skyblue

SFC修行日記

見えてきたSFC修行の解脱、年度内に5万PPの目処がついた秘訣~ANA SFC修行2019年に挑む~第⑯話~

投稿日:

SFC修行も後半に入り、来週4日(月)~6日(水)の3日間で東京・沖縄間を2往復する。これで年末に購入したスケジュールは全て消化し、7日は42,000PPが反映される見込みだ。

 

そして前回、残りの8,000PPをどうするかと嘆いていたが解決した。今回は修行解脱に向けて心がけたことを初心者の方向けに日記として記録したい。

(関連記事:ブロンズランク確定、修行後半の課題と反省~2019年ANA SFC修行に挑む第⑮話~



①残り8,000ポイントは成田・那覇間を再び予約

SFC修行予算は43,2000円と確定させたが、少し足りなかった。ここは腹をくくり、貯まったマイルをANA SKYコインへ移行させ、成田・沖縄間のフライトを2往復分予約した。

(SKYコインでも足りず、約4万円の追加出費。これで5万PPに達成するはずだ)

 

1回目はエコノミー、2回目はプレミアムクラス。これで50,000PPに到達し修行が終了することになる。結局、SFC修行のフライトが全て成田・沖縄間で終わることになったが、初心者の筆者はこれで良かったと思っている。

 

②初心者は国内線に目をむけよう

諸先輩方からは「沖縄・シンガポール間が効率よくてお勧め」とうかがっていた。しかし、ここには見えづらい問題が眠っていた。運賃表が複雑で、予約したいフライトでどの程度のPPが貯まるか初心者には全くわからないのだ。

(予約クラスがありすぎて、エアチケット予約時の判別が難しかった)

 

もちろん時間をかけてコツを掴めば理解できるのだろう。だがPPを理解しやすい国内線であれば確実なこと、成田・那覇間のコスパが短期間の解脱に繋がったと思う。



最後に

SFC修行は来年したいとか、たっぷり時間と予算のある人は国際線のクラスを勉強したほうがいいだろう。海外にも目を向けることで、国内以上の刺激が受けられるだろう。逆に短期集中で終わらせる秘訣は、

 

やはり国内線に絞り成田・那覇間をプレミアムクラスで往復するに尽きる。筆者の場合、プレミアムクラスで8往復した結果、わずか2ヵ月で解脱への道がみえた。何かしらの参考になれば幸いだ、そして最後まで気を抜かずに頑張りたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



-SFC修行日記

Copyright© Skyblue , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.