情報戦を制したい

Skyblue

料金的な話 日記・

納得できる!?Amazon Prime 年会費が 1,000 円値上がった話・・・

投稿日:

Amazon の主要サービスが楽しめる Amazon Prime” 年会費が1,000円値上がりする。

値上げはネガティブなイメージがつきものだが、Amazon Prime の場合はどうだろう。

少なくとも筆者は「許容範囲」と思っている。

あくまでも個人的な見解だが、日記程度に書いていきたい。



① あり得ないほどに安かった

そもそも Amazon Prime はショッピングの配送料が無料になったり、即日配送に対応されるなどの特典が主なものだったはずだ。

それがいつの間にか Prime Music や Prime Video など、追加料金が発生してもおかしくないサービスまで含まれるようになった。

(最初は良く知らない映画ばかりだったが、ビッグタイトルがグンと増えた)

 

如何せん月額ではなく年間 3,980 円なのだから、「もともと安すぎた」と考えることはできないだろうか。

1,000 円値上がっても、12ヵ月で割れば 1 ヵ月あたりの負担はわずか 83.3 円なのだ。

 

②「税込み」価格に感じるもの

もう一つ良心的と感じるのは 4,980 円(税込)という点だ。

細かいかもしれないが、世間は「税抜き価格」の商品やサービスであふれている。

税別ならば年会費は 5,378 円と、3,980 円から一気に心理的な負担が大きくなる。

この辺り、消費者の心理を考慮している気がする。

(まるでAmazonの回し者のような書き方かもしれないが・・・)



③Amazon の競合が見当たらない

Amazonが値上げしたから「他社を利用しよう」という考えに至ったとして、どのようなサービスが見当たるだろうか。

ネット通販だけをみれば Yahoo や楽天などがある。

しかし、先述した映画や音楽サービスなど巨大な付加価値をもつサービスは他に存在しないのではないだろうか。

オプションとして存在していても、各々のサービスに月額 500 円ずつ発生するなどバカにならないはずだ。

 

最後に

あくまでも個人的な考えなので、「いやいや、Amazon たけぇーよ!」と思う人がいても当然だろう。これを機にサービスを解約する人すらいるかもしれない。

ただ少なくとも筆者には、無くてはならぬ存在となっており、今日もまた Amazon Prime を観てから寝る予定だ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



-料金的な話, 日記・

Copyright© Skyblue , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.