【検証】楽天モバイルの海外ローミング「テザリング」制限を突破する

前記事で楽天モバイル無料サポータープログラムの「テザリング」制限に関して言及したところ、じつに興味深いコメントが寄せられた。

やはり楽天モバイルの公式 APN に問題があるようで、回避方法まで教えてくださったので自己責任のもと検証したのでご報告したい。



手動で xcap を外して APN を再作成

コメントによれば APN タイプを書き換えるだけで良さそうだ。ところがデフォルト設定ロックされて何も弄れない。

APNタイプに “xcap” が見えるだろうか。これがテザリングを制限しているようで、xcap を消して tether に書きかえる必要がある。

幸いにもデフォルトの設定は丸見えである上、ググればパスワードは “orange” であることがすぐに判明したので手動で APN を作り直す。

編集できないデフォルトが Orange World で orange が新たに作り直した APN。

さてこの状態でテザリングを試してみると・・・

できた!!しかも海外にいながらにして “Rakuten” 表記のままである。このあと 2 時間ほど使ってみたが見事にテザリングはできている。



最後に

日本に戻ったら au ローミングエリアにても同様の検証を行ってみたい。

もしかすると VoLTE 通話が使えずトレードオフになるかもしれないし VoLTE とテザリングの両方が使えるようになるかもしれない。

しかし海外渡航で楽天モバイル推奨端末をルーターにしようとしている人は事前に知っておきたい情報である。

今後も様々な検証をしていきたいが、ひとまずこの情報をコメントで下さった gtgt さんには多大なる感謝の意を表したい。

Twitter をフォローする!skyblue_1985jp



【検証】楽天モバイルの海外ローミング「テザリング」制限を突破する」への3件のフィードバック

  1. やまさ

    MCC, MNC の数字は、別でもいいのでしょうか?
    この数字を弄ると、設定が消えてしまいます!?
    帰国したので、次回、挑戦します。
    情報、ありがとうございました。

    返信
    1. skyblue625 投稿作成者

      こんにちは!MCCとMNCはそのままにしておきましょう。また挑戦してみてください(^^)

      返信
  2. ピンバック: MNOとしての楽天モバイル | あくまで暫定措置としてのブログ

コメントを残す