月別アーカイブ: 2018年7月

iPad ProよりもSurfaceをお勧めしたい決定的な理由・・・文字入力と操作性編!!

SurfaceとiPadがいい感じに争っている昨今、持ち運べるPCとして利用するにはiPadで十分という人もいる。筆者自身もAir、Air2、Pro9.7、Pro10.5、Pro12.9と一通り全部買ったのでメインにできる人の気持ちもわかる。

(303HWに接続し、朝マックがてら出勤していた筆者。。2年程前の画像)

Apple Pencilにも対応しており、Bluetoothキーボードを用意すれば本当にPCそのもの。ただ一つだけ、何年も改善されないままの項目がある。外部キーボード接続時のIME問題だ。



①キーボード接続時、IMEを選べないiOS

例えば、iPadにsimejiを入れたとしよう。高機能で変換能力も高く「これならば文字入力もいける」と思うだろう。しかしなぜか物理キーボード利用時にはIMEがデフォルトに戻ってしまう。つまり、SIMEJIを使っていたのに、キーボードを接続した瞬間にSIMEJIが使えなくなってしまう。

(あたり前だがSurfaceはPCなのでGoogle日本語入力など選び放題)

これはバグでも何でもなく仕様なのだが不便極まりなくて困っている。英語圏でアルファベットしか使わない外国人には何の縁もない話だが、私たち日本人はローマ字入力からの漢字変換が命。これが改善されないことには、iPadをメインPCとしては考えにくくなってしまった。この点でSurfaceは自在にIMEを選べるため文字入力を主とする作業には強い。

 

②言うまでもなく便利なトラックパッドの存在

更にiPadには相変わらずマウスという概念がない。キーボードのショートカットを活かせば、ある程度の事はできるのだが、それでもディスプレイにタッチしにく必要は生じてしまう。

(写真はSurface Book。Proも含め、トラックパッドの精度は良くなるばかり)

一方Surfaceは基本的にPC扱いになるため、純正キーボードには必ずトラックパッドが付いている。文字入力だけでなく、絵や写真の挿入、タスクの切り替えなど自在に操作できる点で、やはりiPadより優れている。ブログを書くにしても、やはりSurfaceの方が快適に利用できている。



最後に

iPadは完成度の高い、作り込まれたアプリが数えきれない程に存在している点で優れており、Apple機器同士との連携も素晴らしいとしか言いようがない。ただし、少なくとも日本においては外部キーボード接続時に自由なIME利用ができず、非常に惜しい。

 

更にマウスやカーソルという概念が伴わないため、細かい位置指定や絵、写真、グラフの挿入などは圧倒的にSurfaceに軍配が上がることになる。文字入力命であれば圧倒的にSurfaceをお勧めしたい。

(トップ画像は2015年に購入したSurface Pro4)

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



どうやって貯金するの!?という声が多かったので、正直に話そう③~暇な時間を生産性ある時間に変える~

去年、友だちに勧められたソーシャルゲームにハマってしまい、課金せずどこまで戦えるかという遊びに8ヶ月ほど時間を費やした。それはそれで楽しかったし、ストレス解消というよりは「何も考える暇なく遊べる、楽しい!」という暇つぶしのような感覚だった。

 

仕事終わりや休日の過ごし方としては全然ありだとは思うのだが、週に数十時間もゲームに充てるより、何かを生み出す方がお金になるはずと思い、ブログに注力することにした。今回は好きな事をネットで発信する重要性を書いていきたい。



①楽しい事をネットに発信し続ける

「これは楽しい」と思える事をひたすらにネットで発信してみよう。趣味や得意分野でも何でもいい。その情報が誰かの役に立つのであれば、徐々に人が集まってくるはずだ。筆者の場合はブログやTwitterがそれに該当するのだが、おかげさまでTwitterフォロワー数は今年1月時点で約2200人だったが約半年で3000人を突破した。

 

ブログも読者が増え続けており、今年は今日までで100万PVを達成できた。上には上がいるわけで、別に筆者の現状は何も凄くはない。大事なのは、好きな事を自分なりにネットに配信し続ければ人やお金が集まってくるという事だ。

 

②ネットへの発信により無駄な消費が減る

暇な時に、「暇だ、何しよう。休みなのに何もしないのは勿体無い。どこかへ行ってお金を使おう」と消費で終わるのではなく、「よし、時間ができた。あれをやろう」くらいに楽しみながら継続できる事を探し、それを続けてネットで発信していれば、お金を消費するだけの暮らしから脱却できるはずだ。

 

筆者は人付き合い、それまでのゲームを徹底的に減らし、ブログ以外の時間は勉強に費やすようになった。その結果、お金を使わない+お金が入ってくるという一石二鳥に転換した。



最後に

暇さえあれば、誰かの役に立つかもしれない楽しい事をネットに発信する。これに注力することで人やお金が集まり、無駄にお金を使うだけの生活から脱却できる。別に儲からなくとも、月に数百円にしかならなくてもいい。お金を使わない=貯まっていくことになる。

 

やるかやらないかで、大きな違いがでてくるはずだ。そして続けているうちに揚げ足をとるような人も出てくるかもしれないが、相手にすると無駄なエネルギーを使うので一切反応してはいけない。何にしても雑魚は放っておくのが一番だ。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



ソフマップ、いよいよ苦境か!?衣料品の買い取り、販売を始める模様・・・

Sofmap秋葉原本館が親会社のビックカメラになってから1年が経過した。かつて秋葉原中にあった同社の店舗は減少する一方で、生き残った店舗にも客足がほとんど見られない日もある。

 

しかも各店舗は立地条件が非常によく、売り場面積も広いが、その経費以上の売上を出しているとは到底思えないのだ。「もって今年いっぱいだろうか」などと思っていたら、今日ITmediaから衝撃のニュースが流れた。



①衣料品買い取り、販売のベクトルと提携

詳しい記事はITmediaを参照していただきたいのだが、要するに広い売り場を利用して衣料品やブランド品を販売しようという魂胆だろう。一見すれば、非常に画期的なアイデアだとは思う。実際、秋葉原に衣料品店は昔から皆無に等しい。

 

「服を買いに秋葉原へ行く」という斬新なイメージの定着に成功すれば、現状より経営は改善されるだろう。しかし、先述したように既存のSofmapはどれも立地条件が良すぎるため、多少の収益改善では昔の勢いを取り戻すことは難しいはずだ。

 

②更に規模を縮小させるか、今年いっぱいか

そう考えると、やはり「もって今年いっぱいなのでは?」というのが筆者の見方。秋葉原の電気屋はここ10年で減るに減った。しかも容赦なくすぐに無くなっていく。

 

ところで衣料品といえば、最後に閉店したPCネット跡地にモードオフが開店するなど、同じ事を考える企業は既に存在しており、それ以外の企業が衣料品の分野に参入することすら考えられるだろう。



最後に

Sofmapは昔からお世話になったPC・パーツの大手で、年に1回は大きな買い物をしてきた。それだけに全ての店舗が無くなるような事にはなってほしくない。

 

どうなるだろうか。秋葉原へ服やブランド物を購入する習慣が人々に根付くだろうか。それとも、はなから外国人向けになるのだろうか。見守るしかない。

トップ画像は閉店前の旧ソフマップ秋葉原本館(現ビックカメラ)

参照記事:(ITmedia ソフマップが衣料品買い取りを実施 ベクトルと提携

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



SIMフリー iPhone SE 白ロム相場が大幅値上がり、大幅に値下がるiPhoneX~今週の秋葉原~

数ヶ月に渡って底値29,980円(税込)を保っていたSIMロック解除版iPhone SE 32GB(未使用品)。この相場が34,800円(税込)にまで急激に上昇している。

いよいよUQ mobileやY!mobile iPhone SEのばら撒きが終わりつつあるのか、それともiPhone SE2が出なかったことから、単純に需要が増えて供給が追いつかないだけなのか。今週の秋葉原を観測した。



①iPhoneXの白ロムが久しぶりに下落

3月下旬から相場が上層したのを考えると、ここまでの下落ぶりは4ヶ月ぶり。未使用品SIMフリー iPhoneX 256GBが129,800円(税込)となっており、Apple Storeで購入するよりも1万円以上安い。

 

いつも書くのだが、これらを購入していくのは短期滞在で免税を受けられる外国人観光客だ。ただでさえ安いのに、ここから消費税8%分が免除されれば、最終価格は120,186円。金額が大きくなるにつれて有利なため羨ましい。

 

②LG Style、底値が一気に5,000円下落

筆者が34,800円で購入したL-03Kの底値が大幅に下落した。なんと税込29,800円。これは買いやすくなったと断言できるだろう。どうやらドコモが至るところで低価格でバラ撒いているようなので、機種変更をして転売に回す人が多いのだろう。

(もちろんSIMロックは解除済み)

このキャンペーンが続けば更なる値下がりも期待できるが、油断は禁物。どこまで下がるか、そしていつ手に入りにくくなるか予想がつかないので、検討している人は買い時だろう。



最後に

そういえば、しばらく見なかったキャリア版Galaxy Note8を再び見るようになった。いずれも72,800円~79,800円と以前より価格が変わらない。またいつ入手困難になるかわからないので、気になる人はチェックしてみよう。

 

来月9日はGalaxy Note9の発表が待っており、更に9月は順当にいけば新しいiPhoneが発表されるはず。予想もしない事が白ロムの流通に影響を与えることもあるので、引き続き観測を続けたい。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



お勧めしたい最強スマホ、2018年7月までのベスト3はこれだ!!

なんだかんだ、今年も様々なスマートフォンを手にしてきた。既に売却してしまった物も含め、今年買ってみてよかったスマホをピックアップしたい。レビューするに際し気を付けているのは、「借りてこないで、実際に買う」という事。

 

借りた物だと「自分の物ではないし、褒めなければいけない」雰囲気があるのだが、自分で買ってしまえば何でも書けるし、良くないと思った物なら「どうやって処分しようか」なども考える。なので主観ではあるが、本当に思った事を書いていきたい。



第3位:Huawei nova2 

今年の2月、珍しくauからも発売されたHuawei nova2。元々が3万円強と低価格なのだが、ここ最近白ロム価格が17,800円~19,800円と秋葉原相場も下がってきた。当ブログでもレビューしたようにカメラ、処理能力、RAM、ROMなど基本機能に一切の妥協がない。

(Antutuベンチマーク8万点越え。少しならゲームもできる)

(写真も後から背景にボカシを入れるなど、低価格スマホでここまでとは驚き)

1万円台に突入した今、au系MVNOで利用するのなら視野に入れたい1台。防水やFelicaこそないが、特に気にしないのであれば真っ先にお勧めしたい。

(関連記事:初心者にも優しい端末、au Huawei nova2 (HWV31)を改めてレビュー!

 

第2位 ASUS Zenfone5Z

第2位は意外と思われるかもしれないが、これ。ASUS Zenfone5Zだ。今年のハイエンドSoCとされているSnapdragon845を搭載しながらも税込み価格は75,384円。同じSoC搭載のGalaxy S9+やXperia XZ2 Premiumよりも4万円近く安い。

(有機ELでなくとも美しすぎる液晶ディスプレイ、これは素直に感動した)

(カメラを起動した時の様子。ベゼルレス感がしっかり出されている)

それでいて4G+4G(DSDV)を各キャリア毎に見事に再現し、処理能力、UI、デザインなど様々な面で今までのZenfoneから一皮むけた完成度に仕上がっている。値段だけ見れば安くはないが、総合的な完成度とSnapdragon845を考慮すれば高くもない。

(関連記事:【速報】オレ氏、ASUS Zenfone5Zを入手!Huawei P20 Proなどと比較レビュー①~Antutuベンチと発熱編~

 

第1位 Huawei P20 Pro 

スマートフォンの限界を1つか2つ突破したのがこれ。夜景撮影において右に出るものがないのだ。日本ではドコモしか発売していないが、グローバル版を求める人も多い。

(筆者が購入したのはBlue。Twilightは人気すぎて品薄だった)

(スマホで撮影したとは思えない夜景。何もかもが美しく撮れる)

(高級コンデジ、SONY RX100-M5すら場合によっては遜色ない)

ドコモ版の白ロムが一気に出回ったかと思ったら、今日現在また品薄になっている。Felicaが搭載されて日本人には堪らない仕様になっているため、今年後半に向けても人気は続くだろう。

(関連記事:高級コンデジ不要かも。Huawei P20 Pro、背景ぼかしがGalaxy S9 Plusを凌駕!!



最後に

Galaxy S9+もランクに入れたかったのだが、あえて3つに絞るとすれば上記3つに絞られる。しかも偶然にもHuaweiとASUSの2社ではないか。

 

更に繰り返しにはなるが、筆者が買った範囲内でのお勧めになるため、もちろん人によっては違った機種をお勧めしているだろう。色んなブログを参照しながら、自分にあったスマートフォンを探してみよう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



IoTの時代、具体的な例を知っているか!?もうすぐ無くなる職業・・・

スマホの次はIoT(アイ・オー・ティー)の時代がくると、世の中が動きつつある。SoftBankの孫正義氏は、「スマートフォンが普及した時、誰もが驚いたくらいの、あれと同じくらいの変革が再びやってくる」と、いつかの決算報告会で述べていた。

 

とはいえ、多くの人がまだ実感が持てないのが現状ではないだろうか。今回から少しずつ、IoTの実例をご紹介したい。「物とネットが繋がる」とは一体どういうことなのか。



①電気メーターを検診する人がいなくなる

もう実際に起こり始めているのがこれ。月に1度、自宅に電気検診する人が来ると思うのだが、近い将来なくなるだろう。消費した電力情報がLTE網を通して電力会社に送信され、消費電力をスマホでリアルタイム確認できるようになった。

(電気メーターの交換が必要になるのだが、既に導入済みの賃貸物件も多い)

エアコンにどれくらい、パソコンにどれくらい消費しているなど、内訳まで分かってしまう。料金が高くて悩んでいる人なら、一発で原因が特定できるのだ。電気メーター(物)とネットが繋がり、ユーザーに有益な情報(結果)をもたらす事例だ。ちなみにこれ、auでんき、SoftBankでんきなど既にサービスが開始されている。

 

②自動車保険のあり方が大きく変わる

車を運転する人ならば、自動車保険に入っているだろう。この算出方法がIoTで激変すると言われている。例えばブレーキ部分にセンサー(物)を仕込み、運転手がどれくらいの頻度で急ブレーキをかけるか算出する

 

急ブレーキの回数がLTE網を通してセンターへ送信され、ビッグデータとして蓄積される。結果、「この人の運転は危ないのではないか」とか「この人は急ブレーキが0に近い」など保険会社が判断できるため、人によって適切な掛け金を決められるようになる。

 

③バスが今どこにいるかわかる

バスを待っている時、あとどのくらい待てば来るかを教えてくれるシステムがある。近づいてくるにつれて、電子時刻表のバスのマークが増えてくる。(もしくはデジタル表示される物もある)

 

これは至って簡単な仕組みで、道路のある部分をバスが通過した時にセンサーが作動し、インターネット経由でバス停まで情報が飛んでくるのだろう。(かなり昔からあるので、IoTよりも特別なシステムが利用されているかもしれない)



最後に

った3つだけの、しかも関連性のない例をご紹介したが、「センサーが感知して、インターネットへ情報が送信され、ユーザーが何かしらの情報を受け取る」というイメージを持つと分かりやすいかもしれない。

 

多くの人がまだ、スマート家電くらいしか想像できないかもしれないが事例を事細かく見ていくと無限の可能性が広がっていることに気づくはずだ。筆者も何かできないか、これから来るであろう5Gの世界を見据えて色々と考えてみたい。

トップ画像:auでんきアプリページ

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



本日発売ドコモ版 Xperia XZ2 Premium(SO-04K)、ところによりMNP一括5万円台!!

発売が遅れるに遅れ、8月中旬になるのではないかと言われていたXperia XZ2 Premium。先週末に香港でリリースされると同時に日本でも発売日が決まり、ドコモ版が今日発売となった。

 

Xperiaシリーズの中では珍しく定価11万円を越えているのだが、MNPで他社から乗り換えれば一括価格が半額近くになるかもしれない。あくまで筆者の推測だが、遅れすぎた事、Xperia事業が好調でないことを理由に、早い段階で大幅割引を入れてくるのではないだろうか。



①ドコモショップ日本橋浜町店

条件としてはDカード申し込み、コンテンツ加入とあるが詳しくは問い合わせてみよう。税抜き57,600円は安すぎる!!普通に欲しいのであればもちろん、売却すれば高額になるはず。更にMNPによる契約のみ月々サポートが2,592円付与される。

②ドコモショップ大井松田店

販売開始されたばかりなので、まだ具体的な価格はあまり出ていないが、数量限定の大特価などの案件はけっこう出ている。興味ある方、狙っていた方などは週末安く手に入るかもしれない。情報戦を制していこう。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



米国ebayで20万円超え!!ヴィンテージ化しつつある初代 iPhone (2007)

故スティーブ・ジョブズ氏が発明したiPhone。私たちの暮らしを大きく変化させ、業界を震撼とさせた。2007年に登場してから現在に至るまで、人気に陰りを見せることはない。

 

初代はGSMモデルのみとなっており、同規格非対応の日本では販売されることがなかった。そしてこの初期化型に今、アメリカebayで物凄い高値が付き始めている。



①新品、未使用は20万円越え。それでも続く入札

中古でも日本円にして1万円を越えているのにまず驚いた。GSMはもはや、アメリカで利用できる地域は少ないはず。もう使えることはないと分かっていても「欲しい」という人が増えているわけだ。

(筆者宅に眠るiPhone 3GS。これも来年あたりで10周年を迎えるはず)

新品未使用に関しては入札価格が20万円を越えており、ヴィンテージ化していると言えるだろう。あくまでも初代iPhoneの話だが、もしかしたら数年内にiPhone 3GSあたりまでの価格も上がってくるだろうか。

 

②一度は見て欲しい、世界を震撼させた驚異のプレゼン

そもそも、スティーブ・ジョブズ氏のiPhoneのプレゼンは非常に有名なのだが、見たことがないという人は是非見て欲しい。こんな商品の発表会は日本で見たことがない。プレゼン資料に文字が敷きつめられず、言いたいことを何も見ないで順序立てて話していく。



最後に

それにしても、初代iPhoneが20万円越えとは驚いた。日本では販売されていないので、本当に欲しければ海外から輸入するか、それこそ本当に高値で国内を探すしかない。そして数年内に3G (2008)、3GS(2009)も上がるかもしれない。

 

iPhoneに限らず、初期のAndroidスマホを持っている人は大事に保管しておくといいだろう。もしかしたら、そのうち価値が上がるかもしれない。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp 



購入サポートなし、au iPhone8 一括0円+25,000円CB!!条件緩いか、7月下旬の案件

早いもので7月もそろそろ終わりが見えてきた。6月から今月中旬までは下取り端末を差し出しても端末価格が0円にならない物が多く見られたが、下旬になってから緩和したような気がする。今回は、現在確認できている緩めの案件を記録しておきたい。



①テルル川口店

ツイートからブログへ飛べるようになっている。ツイート内ではiPhone8 64GBに13,000円キャッシュバックと書かれているが、ブログでは15,000円となっている。興味ある人は問い合わせてみよう。

 

いつものように、下取り端末を出すことが条件となっているが、特に用意はないという場合でもキャッシュバック額で相殺できるはずだ。

 

②ピポパーク関内

同じような案件はいくつも見られるのだが、重要なのは「スマートバリューの有無」だ。つまりauひかりかWiMAX2+が割引の条件となっている場合がある。スマバリなしのような文言があることを確認したい。



テルル系以外で、スマートバリューなしはこの辺りだろうか。また週末に向けて出てくるとは思うが平日でこの条件はありがたい。土日に仕事や用事がある方で、auへの乗り換えを検討されている方にはいいタイミングだろう。

 

また、以前書いたとおり下取り端末はあるに越した事ないのでぜひ入手してから契約に向かおう。

(関連記事:6月のau iPhone8 64GB 一括0円案件、なかなか条件が厳しい話②~下取りはXperiaを探せ編~

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp



どうやって貯金するの!?という声が多かったので、正直に話そう・・・②~ストレスフリーの状態を生み出す~

お金を貯めるのに必要なのは、前回の記事で書いた事に加え、ストレスを溜めない環境作りが大きな要素だと思っている。ストレスの要因はそれぞれだろう。筆者の場合は人間関係で消耗しすぎた。

(関連記事:どうやって貯金するの!?という声が多かったので、正直に話そう

 

改善できるのであれば、それに越したことはない。だがもし我慢の限界を通り越しているのなら、生産性が下がりモチベーションが全く上がらないだろう。それを発散させるためにお金を使いたくなってくる。これが一番よくない。本当にお金を貯めたいのなら、環境を変えることが必須だと思う。



①自分に合った生き方をすればいい

筆者の場合、人間関係で本当に消耗しすぎてしまった。生きていくには人と関わる事が必須ではあるが、もう誰とも話したくない位に消耗しきってしまったのだ。その結果、まず会社に相談して働く時間を大幅に減らしてもらう事にした。

 

環境も変えてもらった。もちろん給与は大幅に下がったが、ストレスフリーになったため使う金額も大幅に減った。それどころか頭がスッキリとして次々とお金を貯めるアイデアが浮かんできたり、ブログに費やす時間が増えて幸福度は増したように思える。

 

②学校で習った生き方が正しいとは限らない

学校では「いい大学へ行き、いい会社へ入れば生涯安泰で幸せになれる」と教わったが、絶対に嘘だと思う。大手企業はあたり前のように倒産するようになったし、正社員ですら昇給しない時代だ。結婚しないと負け組と言う人もいるが、そもそも勝つも負けるもないと思う。

 

30年も生きれば、自分がどんな性格で、どんな仕事や作業に向いていて、どういう生活に向かないか、ある程度は客観的にわかってくると思う。ならば、暮らしを適切な方に向ければいいと思うのだ。人生は今日という日が一番若い。ダラダラ生きていたら人生を無駄にすることが嫌で仕方なかった。



最後に

こんな事書いたり、実践して多くの人に嫌われたかもしれない。けれど、それでいいと思っている。考えの合わない人とは適度に接するくらいで、無駄に遊んでお金を使う必要はないし、その時間が勿体無い。

 

そして今は、色んな人のおかげで元気に生活することができている。見方によってはレールから外れた人なのかもしれないが、そういう人にこそ言ってやりたい。クソくらえと(笑)そしてお金をどんどん貯めていきたいと思っている。

Twitterをフォローする!skyblue_1985jp